簡単にいうと「上の前歯が被さりすぎて下の前歯が見えない咬み合わせ」です。
上下の奥歯を合わせた状態で、前歯が過剰に深く噛み合うで、ディープバイトとも呼びます


顎を動かす際、歯と歯がぶつかるため、下の顎が自由に動きにくくなり顎関節に負担がかかります、

ご自身で鏡で見た時に
・咬みあわせた時に下顎の前歯が上顎の前歯に覆われていて見えない
・下顎の前歯の先が上顎の前歯の根元に当たる
上記に当てはまる方は過蓋咬合の可能性があります。

過蓋咬合の方はどうしても顎の動きが制限され、顎関節症になりやすくなります。
前歯が干渉する影響で顎が後方へ押しつけられ、口が開けられない開口障害や、カクカク音がするといった症状が見られることがあります。

また前歯が乾燥しやすく虫歯リスクも高くなってしまいます。
すでに神経を取っている歯があると、脆くなっているので歯根破折を起こしやすくなります

このように過蓋咬合は見た目の問題だけでなく、様々な影響を及ぼしてしまうためぜひ治療を検討してみてください。


(3)開咬
普通に咬みあわせた時に奥歯は咬みあうが、前歯が咬みあわない状態。
前歯で物を咬みきることが出来ず、奥歯に負担がかかりやすいです。
指しゃぶりや、舌の癖、口呼吸等が原因となります。

歯並びの悪い状態を「不正咬合」と呼んでいます。
その状態によって原因も異なるため次のように分類しています。


(1)上顎前突
下の歯に比べて上の歯が前に出ている状態です。
顎の成長(上顎が成長し過ぎている、下顎の成長が小さい)のアンバランスによるものや、顎の成長は問題ないが指しゃぶりや舌の癖で歯が前に出ている等の原因があります。

(2)下顎前突
上の歯に比べて下の歯が前に出ている状態です。
顎の成長(下顎が成長し過ぎている、上顎の成長が小さい)のアンバランスによるものや、顎の成長は問題ないが歯の角度が悪く下の歯の方が前に出ている等の原因があります。

(4)叢生
歯がでこぼこしていたり、隣の歯と重なり合っている状態です。
歯が大きい場合や、顎が小さいために歯が生えるスペースが足りないことが原因になります。


歯が自然ときれいに並んでくれたら良いのに...と思いますよね。
でも実際には色んな原因で歯並びが悪くなってしまいます。
どうして歯並びが悪くなってしまうのでしょう。


(1)遺伝 
両親からの遺伝により骨格的に問題を生じることがあります。
顎の小さいと歯が並ぶスペースが足りなくなって歯がガタガタになってしまいますし(叢生)、骨が成長しすぎると出っ歯や受け口になることもあります。
また萌えてくる歯も遺伝しますので、顎の大きさに比べて歯が大きくても歯並びが悪くなってしまいます。

また遺伝と同じく先天的な要因として永久歯の先天性欠如もあります。
先天性欠如とは、生まれつき永久歯が無く、側切歯と第2小臼歯に多いです。
萌える歯が少なくても歯並びが悪くなってしまいます。

(2)筋肉のバランス
お口の周りには様々な筋肉があります。口唇周囲の筋肉もありますし、舌も筋肉で作られています。この筋肉のバランスがとれていないと歯の位置に影響を及ぼします。
例えば口呼吸が原因で歯並びに影響がでる場合もこれにあたります。

(3)悪習癖
頬杖や爪もしくは唇を咬むなどの癖が歯並びを悪くしてしまいます。
寝るときの体勢でも影響することがあります。


前回、骨の代謝を利用して歯を動かしていくことをお伝えしました。
では歯はどの位のスピードで動くのでしょうか?

実際に歯が動くスピードは1ヶ月に1ミリ程度と言われています。
「えっ?それだけ??」と思うかもしれませんね。
ですが、無理な力をかけて歯を動かそうとするととんでもない事になります。

矯正装置によって継続的に弱い力をかけ続けることで、スムーズに歯が動きます。
通常、ワイヤーとブラケットの間に生じる”摩擦力”があるため、50gから100g程の力が必要をかけていきます。

過度の強い力を加えたからといって、早く動くというわけではないのです。
無理な力をかけすぎれば、歯の周囲の血管が圧迫され正常な代謝が行えず、歯根や周囲の骨にダメージを与えてしまいます。

ポイントは「適切な力をかける」ということなのです。
そのため良い咬みあわせになるまで期間がかかり、平均2年から3年ほど治療期間がかかるのです。



矯正治療では本来動かない歯に力を加えることで歯を動かしていきます。
ではどのようにして歯は動いていくのでしょうか。

そのポイントは「歯根膜」という組織です。
歯根膜とは歯を支える歯槽骨と歯の間にあってクッションの役割をしている線維です。
歯周靭帯(じんたい)とも呼ばれます。
厚さ0.15~0.38㎜の薄い膜で、膜の厚みは常に一定に保たれています。
矯正装置を取り付け、歯に力を加えると歯を支えているこの歯根膜という組織が伸び縮みします。
歯を動かしたい方向に力を加えることで、力がかかっている側の歯根膜は縮み圧迫され、反対側では伸ばされます。

その状態から歯根膜の厚みを一定に保つために骨の作り変えが起こります。
圧迫されている所では骨を溶かす細胞である「破骨細胞」が出現し骨を溶かしていきます。
反対側では骨を作る細胞である「骨芽細胞」が骨を作り、歯根膜の厚みを一定に保とうとします。
この骨の代謝「歯槽骨リモデリング」を利用して歯を動かしていきます。