一般にタバコを吸う人は、吸わない人に比べ3倍も歯周病にかかりやすく、また2倍も多く歯を失っているという報告があります。また喫煙本数と比例して歯周病が重症化することも分かっています。ではどうしてタバコが歯周病を悪化させてしまうのでしょうか?

1. 歯周病菌と戦う白血球の機能が低下してしまう。
2. 歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な血管が、タバコのニコチンにより収縮してしまう。
3. 歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の働きが抑制される。
4. 歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足し、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう。
歯周病を悪化させるだけでなく、タバコはお口の中にいろいろな悪影響を与えます。ヤニで歯が汚れるだけでなく、メラニンが沈着して歯肉が黒くなり、線維性のゴツゴツした歯肉になります。また舌の表面の細かい突起部分に舌苔(歯垢と同じ細菌のかたまり)にまみれてヤニが沈着し、ひどい口臭を発します。さらに味覚を感じる器官を舌苔が覆い、味覚を鈍麻させてしまいます。口の中にできるガンのリスクを多いに高めるのも喫煙です。
歯周病の主原因はプラーク中の細菌です。したがって歯周病を治すには、まずプラークコントロールが第一です。タバコをやめたからといって現在ある歯周病が自然に治るわけではありません。しかし、タバコをやめ、正しいプラークコントロールを行い適切な歯科治療を施すことで、歯周病を大幅に改善させることが可能なのです。逆に禁煙しないかぎり歯周病を完治することはできません。歯周病だけでなく、口腔ガンのリスクも減り、口臭が減る、食べ物がおいしく感じられるなど、利点をあげれば数えきれません。


ほ乳類は一般的に鼻で呼吸をします。人も激しい運動で酸素が足りなくなったときなどに口の助けを借りますが、本来は鼻で呼吸する動物です。ところが、最近、習慣的に口で呼吸する子どもたちが目立ってきました。 この口で呼吸する習慣が歯並びが悪くなる一つの要因ではないかと言われています。すなわち、口で呼吸する習慣が、口を閉じても骨格的に上下の前歯が閉じない状態(骨格的開口)や、上あごの縮み(狭窄)などの歯並びを悪くする環境をつくっている、と考えられています。

その習慣だけが原因であるかどうかはまだ不明ですが、このような特徴的な顔立ちは、ロングフェース症候群あるいはアデノイド顔貌と呼ばれています。口で息をしつづけるためには、下あごを下げ、舌を下前方へ位置させ、頭を後ろに傾けることになります。

口による呼吸法がゆがんだ姿勢をつくり、このゆがんだ姿勢が成長過程で、特有の顔かたちをつくってしまうのでしょう。口呼吸を続けていると、口の中のある部分はつねに乾いている状態になります。このため口呼吸は悪い歯並びのみならず、歯肉の炎症の原因にも、むし歯のリスクにもなります。また、喉の感染症にもかかりやくすくなりますので、もしも口呼吸の習慣があるなら、意識して口を閉じ、鼻で息をするようにしましょう。そのわずかな努力で、歯ならびがよくなるかもしれません。


皆さんこんにちは!


奥歯の歯根は一般的に2本や3本と複数に分かれています。

複数ある歯根の二また三つまたになっている部分すなわち根分岐部に歯周病が進行し、歯周組織の破壊が生じた状態を「根分岐部病変」といいます。

重度に進むといきなり抜歯という事もあります。
しかし、初期の状態であればブラッシングでの予防や外科手術で抜歯を回避できることができます。

早めの定期健診をおすすめします。



こんばんはー!最近寒くなりあったかい飲み物が
欲しくなる季節になりましたね( ^ω^ )
コーヒーや紅茶、お茶など飲む方も多いのでは
ないでしょうか?
今日は着色(ステイン)についてお話ししたいと
思います!
歯の表面に着色がつき気になる方いると思います。
だからといって好きなものは我慢したくないです
よね?(^^)

色素が歯の表面に沈着した汚れを「ステイン」
といいます!
原因として!
1.色素「タンニン」
代表として紅茶やコーヒー赤ワインが挙げられます。
歯の表面のエナメル質と反応して黄ばみや黒ずみになるのです!


2.煙草のヤニ
ネットリとしたタバコのヤニが歯にこびりつきます。


3.加齢
永久歯は一生モノですよね!
長年つかっていると汚れが徐々に浸透して落としにくくなるのです!

ここで、予防策をお話しします!!

★食後に口をすすぐ
1番簡単な予防策です!
コーヒーなどを飲んだあとに水で口をすすぐことで
予防になります!

★ステイン予防の歯磨き粉(歯磨剤)の使用
ドラッグストア等でも様々な種類が販売されて
います!
沈着してからではなく沈着する前に落としましょう。
ここで、注意してほしいのは、荒い研磨剤の入った歯みがき粉(歯磨剤)でゴシゴシ磨くことです!
荒い研磨剤は歯の表面に細かい傷がつき、そこからさらに着色しやすい環境になってしまいます。

しかし、上記の2点をしたからと言って絶対にステインが着かないわけではありません!では、沈着してしまったステインはどうすればいいのでしょう???
歯科医院での定期的なメンテナンスをお勧めします!
クリーニング専用の器材と技術で、沈着したステインを徹底的に落とします。
また、歯のホワイトニングもあります!
歯の内部まで浸透してしまった汚れは、表面のクリーニングだけでは落とすことはできません!
ホワイト二ングにも種類があるので、気になる方は
歯科医院にて相談してみるのもいいでしょう!
日々のブラッシングなどの心掛けや定期的な歯科医院でのメンテナンス綺麗な口腔内を保ちましょう!
メンテナンスは口腔内を綺麗にするだけでなく、
口腔内の異常の早期発見、早期治療にも繋がります!
何か気になる方は歯科医院に相談しましょう!!



うがいができない子供でも安心な成分の物を選びましょう。具体的には、発泡剤や着色料、研磨剤の入っていないものが安心です。研磨剤は、歯を白くして汚れをとるものですが、赤ちゃんの柔らかい乳歯にとっては逆に表面が磨り減り、かえって汚れがつきやすくなる場合があります。
そしてフッ素配合のものを選びましょう。歯磨き粉に書いてある成分表示に「モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)」「フッ化ナトリウム」「フッ化第一スズ」と、あるものがフッ素配合の歯磨き粉です。
赤ちゃんや幼児には、泡立ちにくいジェルタイプの歯磨き粉がおススメです。ジェルタイプは誤飲しても安全なように「発泡剤」や「研磨剤」が配合されていない場合が多いです。発泡剤は、口の中で泡立つ効果がある成分です。赤ちゃんは口の中が泡だらけになってしまうと、歯ブラシがしづらくなり、しっかり磨けていると思い込むことで磨き残しを作りやすくなってしまうかもしれません。
どんな歯磨き粉がいいのか、分からない時はいつでも聞いてください!
さこだ歯科にも子供用歯磨き粉があるのでご紹介します。