フッ素(フッ化物)には、以下の4つのメリットがあります。
1. エナメル質結晶の安定化作用
2. 歯の再石灰化を促進する作用
3. 歯垢(プラーク)中の細菌に対する抗菌作用
4. 耐酸性の向上
具体的には、フッ化物イオンがカルシウムと結合して歯の表面に沈着すると、「脱灰」(歯の表面からミネラルが失われ、虫歯になりやすくなること)した部分に新たな結晶を作ってくれます。
また、フッ化物が作るこの結晶は「フルオロアパタイト」というフッ化物を含んでおり、虫歯菌などが作り出す酸に強いため、エナメル質が「フッ化物が付着するまえよりも酸に強い=虫歯になりにくい」状態になります。
加えて、フッ化物には虫歯菌が作る酸の量を抑制する効果もあり、「歯を強くしながら虫歯菌の活動を抑える」という、2つの働きによって虫歯を予防してくれます。


皆さんこんにちは( *´艸`)
今日は糸ようじ(デンタルフロス)につていです。
デンタルフロスって聞いたことありますか??糸ようじ=デンタルフロスです。今後はデンタルフロスで話を進めてききます。

デンタルフロスを使う理由とは…
「デンタルフロス」をおすすめする4つの理由
デンタルフロスは、細い繊維(フィラメント)を束ねて糸状にしたもの。歯と歯の間の狭い隙間に通して、歯ブラシでは落としきれない歯垢をかき出すことができます。
歯ブラシに加えてデンタルフロスを使うメリットは、以下の4つです。

1. 歯と歯の間の歯垢除去効果がアップ!
歯と歯の間はハブラシの毛先が届きにくいため歯垢が残りやすい場所です。しかし、ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯と歯の間の歯垢を落とす効果は大幅にアップします。ハブラシとデンタルフロスを併せて使うことで歯と歯の間の歯垢除去率が1.5倍にアップしたという報告※があります。

※出典:山本他、日本歯周病誌、1975
2. むし歯や歯周病の予防になる
歯垢はむし歯や歯周病の原因になります。その歯垢をよりキレイに落とせるということは、むし歯や歯周病の予防につながります。毎日のフロッシングでむし歯や歯周病を予防しましょう。

3. 口臭の予防や改善につながる
口臭も、食べかすや歯垢などの汚れが原因になります。口臭は自分では気付きにくいですが、もし使用したデンタルフロスのニオイを嗅いで「臭い」と感じたら、口臭がしているかもしれません。毎日のフロッシングで歯垢をしっかり取り除くことで、口臭を予防したり、改善したりできます。

4. むし歯や歯周病、詰めものなどの不具合を早期発見できる
デンタルフロスを使っていて、「いつも同じ場所で引っかかる」「フロスがばらけてしまう」「フロスが切れてしまう」などが気になる時は、むし歯ができている、もしくは詰めものや、かぶせものに不具合がある可能性があります。また、デンタルフロスを使うと「歯茎から血が出る」場合は、歯周病の疑いがあります。

デンタルフロスを使用する習慣を身に着けて頂けると嬉しいです。



腎臓の役割をご存知でしょうか。
腎臓は体中の血液中の老廃物をろ過し、尿として身体の外に排出する役割を持っています。
腎臓がうまく機能しないと身体の中に老廃物が溜まってしまい透析や腎臓移植が必要になるケースもあります。
腎臓の機能が慢性的に働かない事を慢性腎臓病と言います。
慢性腎臓病が進行していくと腎不全になります。
実は、身体の病気と歯周病は大きな関係があります。腎臓病に関しても同じです。
歯周病の方は血液中に炎症物質が多い状態になっています。歯周病が続く限りこの状態は続きます。血液は全身をめぐっていますので体中が常に軽い炎症を引き起こしている状態ともいえます。
慢性腎臓病の方が歯周病の治療を行い改善に向かうと慢性腎臓病の数値も少し改善するという結果も出ています。
腎臓病をお持ちの方は身体のためにも歯周病が悪化しないように歯周病治療や、定期的なメインテナンスでの管理をお勧めします。


歯ブラシは毎日使用するにも関わらず、想像以上に汚れていて、汚れたスリッパの底や残飯容器の1万倍以上の細菌がいると言われています。
汚れた歯ブラシを放置すれば細菌が歯ブラシ上で繁殖し、それを使って歯磨きをすると口腔内の細菌のバランスが崩れ、歯周病や虫歯などのトラブルを引き起こしかねません。

また、新たな種類の細菌を侵入させることで、食中毒など新たな感染症を引き起こす可能性も出てきます。医学の世界では肺炎や動脈硬化、がんなどあらゆる病気の背景には感染症があると考えられています。

使用後にティッシュで拭いたり、水切りして風通しの良い場所に置きましょう。ただし、直射日光やドライヤーで乾かしたり、熱湯で ”殺菌 “するのはNGです。


歯ブラシを使用前と使用後に洗口液につけることで細菌数を減らせます!

トイレとお風呂が一体になったユニットバスに歯ブラシを置いている人は即刻やめたほうがいいでしょう。
濡れた歯ブラシに口腔内にはいない細菌が付着して増殖することもあるからです。サルモネラ菌や大腸菌などの食中毒、レジオネラ菌や耐性黄色ブドウ球菌などの肺炎を引き起こす菌が代表的です。

なお、歯ブラシは使い続けると清掃能力が低下し、汚れもひどくなるため、歯ブラシは1か月、電動歯ブラシは3か月を目安に交換しましょう。歯ブラシスタンドはよく乾燥させ、小まめに清掃し常に清潔に保管しましょう!


こんにちは。
今日は噛む筋肉と顔の大きさについておはなしします。
噛むための筋肉「咀嚼筋」の一つに、「咬筋(こうきん)」という筋肉がある。 位置を簡単に説明する左右のエラの部分にあります。
一説によると「咬筋」は身体の中で最も圧力が高いと言われています。
筋肉を鍛えるとムキムキになるようにエラが張っている人はこの筋肉にチカラが入ってるのが一つの原因。 「咬筋」に余計な力が加わらなければ、顔はすっきりします。
もう一つの大顔のモト、頭の「ハチ」については?
ハチ張りも、噛むための筋肉「咀嚼筋」の一つ「側頭筋(そくとうきん)」が関係しています。 位置は、食いしばった時にこめかみあたりがピクピク動くところ。ここが張ってしまうと頭に角のような出っ張りができてしまい。大顔の元になってしまうんです。皆さんはどうですか?
大きくなった顔のサイズを元に戻すには、「咬筋」と「側頭筋」を緩めること。この2つの筋肉をリラックスさせて あげることで、自分本来の顔のサイズに戻る、つまり小顔になれる!
また、「ポカン」と口を閉じていても、歯と歯の間を空いている事が大切です。