食事をした後すぐに歯磨きをされる方が多いのではないでしょうか?



しかし、実は食後すぐはあまり良くないのです(*_*)


理由は、食後すぐの口の中は、食べ物の酸や糖などで口の中が酸性に傾いています。


酸は、歯の表面のエナメル質を軟化させ、エナメル質がすり減る原因となります。



よって、口の中が酸性に傾くということ=エナメル質が弱わっているということになります。


エナメル質が弱っている状態で歯磨きをすると、歯の表面を傷つけてしまったり、むし歯のリスクを逆に高めてしまうのです。



「目安として30分経ってからの歯磨きが実は望ましいのです」


hamigaki_woman.png



皆さんもお家での食後の歯磨きはすぐにではなく少しお時間を置いてからしてみてはいかがでしょうか(^o^)/



参考文献:食後すぐの歯磨きはダメ シュミテクト酸蝕歯について



今回は、歯にいい食べ物をご紹介します(*^_^*)


歯にいい=虫歯になりにくい食べ物です。


歯の為にいいたべものとは...


①ナッツ類、チーズ類


⇒むし歯菌が虫歯のもとになる『酸』を作れない食べ物です


②煮干しや果物


⇒よく噛んで食べるものなので歯の再石灰化を促すつばもよく出てきます。また、果物にはキシリトールが含まれているものも!!イチゴなどお勧めです。



では、逆にむし歯になる食べ物って?甘くて粘っこいものです。例えば...


①キャラメル、アメ


⇒粘っこい食べ物、長く口の中に留まっているもの


②ジュース、砂糖の多いイオン飲料水(ポカリなど)、乳酸飲料


⇒飲み物は頻繁に飲む機会が多いと砂糖の摂取量が多くなり常に虫歯ができやすい状態になります。また、寝る前にこのような飲み物を飲んで寝る事もむし歯を作りやすくしてしまいます。


③チョコレート


⇒チョコレートに限らず、砂糖を多く含むお菓子類は虫歯菌がむし歯のもとになる『酸』を作りだしむし歯になりやすくなります。


以上の食べ物はあくまで一例にすぎません。


例えば今は虫歯になりにくいチョコレートなども開発されていたりします(味は普通のチョコレートとほとんど変わらない美味しさ!)


むし歯で歯を失う事が少しでも少なくなるよう参考にしてみてくださいね(^o^)/


お菓子画像.png







皆さんは、朝起きた時に口の中がネバネバするといった経験はないでしょうか?夜寝る前に歯磨きをしたのになぜ?と思われる方もいらっしゃるでしょう。


では、ネバネバの原因は何でしょうか?


これは、「バイオフィルム」という細菌(微生物)の塊です。


お口の中の細菌の数が増殖することにより血管を通じて細菌が入り高血圧すなわち動脈硬化の恐れがあるのです。


しかし、バイオフィルムは歯ブラシで完全に除去することが難しいです。


よって、歯科医院での定期的な健診と専用の器械用いての歯石除去(クリーニング)が最も大事と言われております。お口の中の細菌の数を減らすことでより健康な生活を送りましょう!!(^o^)/


ぜひ80歳まで20本以上の歯を残せるように定期的にご来院ください!!



入れ歯っていったいいつの時代からあるのでしょうか?


世界的に見ると古代エジプトの時代から入れ歯はあったようです。


古代エジプトの時代は歯科医もいたようで、ピラミッドに眠るミイラにはむし歯治療をされているものもあるそうです。


ただ、この時代のものは今のように食事を何でも食べれるとまではいかなかったようです。歯と歯を針金で結びつけたものであり、生前から使用されていたのか、死後行われた物なのかまでは謎に包まれています。



さて、日本ではどうだったのでしょうか。


実は日本にも昔から入れ歯はあったようです。古くは弥生時代の発掘からも見つかっています。


また、一番有名なものが平安時代の尼僧 仏姫が使用していた木製の総入れ歯があります。現代の入れ歯と似ていて顎に吸いつかせるようにして使用する入れ歯だったようです。食事もはめたまま使用出来たようで他の国と違い日本の入れ歯の技術は優れていた様です。


今では自分の歯の代わりとして当たり前に考えられている入れ歯。


しかし噛む力や味覚を感じる力など自分の歯と比べるとだいぶ違ってきます。


美味しく食事を楽しみ、健康に過ごすためにも自分の歯を失わないよう定期的なメンテナンスが大事になってきますね(*^_^*)


 


入れ歯.png





鹿児島市松原には、歯の神様を奉った神社があります。


その松原神社境内にある「歯の神様」は鹿児島弁で「はのかんさあ」と呼びます。島津貴久公の家臣・平田純貞を祭神としているそうです。



島津貴久が亡くなり、心を痛めた平田が生きたまま棺桶に入り海へと沈んだそうです。棺桶からは「ギリギリ・キリキリ」といった歯を食いしばる音が聞こえたと伝えられているそうです。それ以来、丈夫な歯の話として広まり、この丈夫な歯を持つとされる平田純貞のお墓を「歯が痛くなったら参りに行く」という習わしが起こったことに由来するそうです。



今でも、歯の衛生週間には、鹿児島県歯科医師会では毎年、抜去歯の供養祭として抜去された歯牙などが奉納されているそうです。



様々な神が奉られた神社があるようですね。歯の衛生週間にはみなさん松原神社を訪れてご自分の丈夫な歯に感謝の気持ちを込めてお参りしてはいかがでしょうか(*^_^*)