こんにちは。


今日は、気になる方も多い口臭についてお話しします。


 


口臭には原因があります。


その基本的な原因5つを今日はご紹介します。


 


①歯科的要因


主に歯周病やむし歯、詰め物などが原因の口臭です。


歯周病は30代の約8割がかかっていると言われています。


自覚症状がないので、心配な方は歯医者さんを受診しましょう。


 


②食べ物による口臭


これは一過性の口臭です。


アルコールやコーヒー、たばこなどが上げられます。


口腔内の状態が健康でも、前日に飲食したものが


口臭の原因になることがあります。


これは、時間がたてば自然とおさまります。


 


③内科的要因


肝臓や腎臓の病気や糖尿病などが原因で起こるものです。


代謝機能が低下している場合、


臭いが血中に長い時間とどまってしまい、肺を通じて口臭の原因になります。


また、他にも扁桃腺炎や副鼻腔炎が原因になることもあります。


 


④食習慣


生まれつき胃が弱い、アルコールをよく飲むなどの人は


胃の臭いが口臭の原因となっていることがあります。


このタイプの人は便の臭いも強い傾向があります。


 


⑤ドライマウス


水分量と口臭は意外と関係があります。


糖尿病などの全身疾患のかたは服用する薬の副作用により


脱水症状が起きる為、口腔内が乾燥してしまいます。


ストレスや口呼吸によっても唾液量が減少し、


口臭の原因になることもあります。


 


口臭が気になる方は多いのではないかと思います。


気になった方は歯医者さんを受診してくださいね。


来週の土曜日に、今日ご紹介したドライマウスの


セルフチェック方法をご紹介します!


お楽しみに...★




image.jpeg
みなさんこんにちは\( ˆoˆ )/
本日はみなさんが日頃お使いになられている
歯磨き粉の成分について説明します。


《基本成分》
✳︎清掃剤
歯の表面を傷付けず、プラークや、ステインを落とします。

✳︎湿潤剤
歯磨き粉に適度の湿り気を与えます。

✳︎発泡剤
お口の中に歯磨き粉を拡散させ、汚れを落とします。

✳︎粘結剤
粉体と液体を結合させ、粘性を与えます。

《薬用成分》
✳︎虫歯予防
フッ化ナトリウムなど

✳︎歯肉炎予防
塩化ベンザルコニウムなど

✳︎歯周病予防
トラネキサム酸など

✳︎歯石沈着予防
ポリリン酸ナトリウム

✳︎タバコのヤニ予防
ポリエチレングリコール

皆さんも自分にあった歯磨き粉を成分から
選んでみてはいかがでしょう?



こんばんはー!!今日はシーラントについてお話ししたいと思います\(^o^)/
image.jpeg
シーラントとは、萌出したての乳歯や永久歯の奥歯の噛み合せにある溝をプラスチックやセメントで埋めることをいいます!

事前に虫歯予防ができるのです( ^ω^ )

生えて間もない歯は、歯質が未熟であり

他の歯に比べ背が低いので歯ブラシが届きにくか

ったり、人によっては奥歯の溝が深く歯ブラシの

毛先が入らなかったりなどの特徴があります!

しっかり毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまう

可能性があります(´・_・`)

シーラントをすることにより、プラスチックやセメントで奥歯の溝を埋めるので、物理的にお口の環境を改善することができ虫歯予防になります!
シーラントは乳歯や永久歯が萌出してから3~4年までの間に、奥歯の溝が深い子どもが受けると効果的であると言われています!シーラントは15分〜20ふん程ででき、約60%の虫歯予防効果が期待できると言われています!シーラントは外れたりすることもあるので、

シーラントを行ったあとも定期的に歯科医院へ受診しお口の中に問題がないかチェックしていきましょう(*^◯^*)


親知らずが繰り返して腫れる、痛む、または虫歯で残せない、歯周病が進んで残せない...


さまざまな理由でどうしても歯を抜く選択になってしまう場合があります。



歯を抜いた後はできるだけ早く、痛みなく、抜いた後の穴を治したいですよね。


歯を抜いた後は血がでてきます。これは自然な現象です。しかし、血が出るから、気持ち悪いからといってつばを頻繁に吐き出したり、うがいで口の中を何回もゆすぐ行為は要注意です!!



たとえば、転んでひざをすりむいた場合、傷口を保護する目的として血が出てきます。やがてかさぶたになり傷口を治していきます。



これは口の中でも同じこと。実は血が出て、塊になって抜いたあとの穴をふさいでくれることが非常に重要なのです。


つばを頻繁に吐き出したり、うがいを何回もするとこの血の塊がなくなってしまい、抜歯した後の穴がむき出しの状態になってしまいます。この状態を『ドライソケット』といいます。


ドライソケットの状態になってしまうと何もしなくても非常につよいズキズキした痛みが続き、治りも悪くなります。



抜歯した後、血が出ることで不安になることもあると思います。でもこれは身体が傷を治すために行う大事な流れなのです。


※口いっぱいに血が溜まるようであれば歯医者さんに相談しましょう。


無題1.png