ほとんどの方がご自分の歯の色について気になったことがあるのではないでしょうか?



歯の白さを損なう原因のひとつとして、「歯の着色(ステイン)」があります。


その原因と予防法についてお話したいと思います。



では、着色の原因とは何でしょうか?



一つは食品によるものです。お茶・コーヒー・ワイン・紅茶などに含まれる色素によるもの



二つ目は、たばこのヤニによるもの。


 


こちらの汚れは歯磨き粉である程度除去することが可能です。


歯磨き粉にはいろいろな作用がありますが、特に着色を落とす目的とした歯磨き粉として、着色汚れの除去をサポートする成分(ポリリン酸ナトリウムなど)や着色の汚れの付着を防ぐ成分(ラウロイルグルタミン酸ナトリウムなど)が配合された「歯磨き粉」の使用をおすすめいたします。


 


毎日の歯みがきによって予防できる着色もありますが、歯と歯茎の境目についた着色や歯が重なった部分の歯ブラシが当たりにくい部分の着色はご自分の歯ブラシでは落としきれないことがあります。


そのようなときは、歯科医院へ行き専用の機械で着色除去をしてもらいましょう!!


d_02.jpg




今日は、マウスピース矯正についてご紹介します。


 


見た目もきれいに、また噛み合わせの機能を改善する治療方法の


ひとつとして、「矯正」があります。


 


また、矯正治療にも様々な種類があり、それぞれに


メリットやデメリットが存在します。


 


その中でも、今日はマウスピース矯正について


ご紹介したいと思います。


 


まず、マウスピース矯正とは言葉の通り


マウスピースを使用し、矯正を行っていく方法です。


通常、矯正というとワイヤーを装着して行うものを


想像する方が多いと思います。


 


マウスピース矯正は、ワイヤーを使わずに矯正治療を行います。


マウスピース矯正の一番のメリットは、装置が目立たない事です。


薄く透明に近い医療用のプラスチックを使用するので


つけていることがほとんどわかりません。


 


他の矯正の治療とは違い、取り外しができることから


食事がしやすかったり、食べ物が装置につまるということもありません。


 


また、金属を使わず段階的に歯を動かしていくため


比較的痛みが少なく、唇や口の中の粘膜を傷つけないで済むという


メリットもあります。


 


その反面、患者様ご自身でマウスピースを装着し、交換していく必要が


あるので、自己管理がとても重要になります。


怠ってしまうと、期間内に歯並びが思ったように動かなかったり


後戻りしたりしてしまいます。


 


矯正治療にも、ワイヤーの方が短期間で治療が可能な症例もあります。


ですが、見た目が気になるという方も多くいらっしゃることと思います。


 


気になる方はご相談にいらしてください。


 




590-2.jpg




image.png

みなさんこんにちは\( ˆoˆ )/

今日は歯医者での定期検診の大切さについて
お話します!


歯医者さんに「予防メインテナンス」のために定期的に通う。
むし歯や歯周病予防のためのを受ける。
それってお金がかかる。
たしかに、ちょっと気になりますね。

予防メインテナンスに通わないと
起こりうること、、、。


繰り返しむし歯になり、そのたびに治療に行く

何度も治療を繰り返しているうちに、歯がダメになる
もしくは、歯周病になる。

歯がグラグラになって抜ける

入れ歯をつくる、もしくはインプラントを入れる

歳を重ねるにつれて入れ歯が合わなくなる

入れ歯をつくりなおす

先々を考えるとこっちの方がお金がかかり
そうですよね?

定期的に予防メインテナンスに通う
"健康キープコース"か"治療繰り返しコース"。
あなたはどっちを選びますか?

さこだ歯科医院では全身の健康も考え
定期検診をお勧めしています。
お口のばい菌は虫歯、歯周病だけでなく
全身疾患への罹患や、肌のアンチエイジング
が悪くなる、などにもつながります。 

みなさんも定期検診をうけて、
自分の歯でいつまでも美味しく
食事ができるようにしましょう!


皆さん!!子供の頃乳歯が抜けたらどうしていましたか?
国ごとに様々な言い伝えや習慣があるのです\(^o^)/
日本を含めアジアでは、上の歯は縁の下に、下の歯は屋根へ放り投げるという習慣があります!それは!!新しい歯は、古い歯がある方向に伸びると言われているからみたいです!米国、カナダ、イギリスなどでは就寝時に枕の下に抜けた歯を入れておくと、★歯の妖精★がやってきて、抜けた歯を持って行ってコインと交換してくれるという言い伝えがあるともいわれてるようです!チリとコスタリカは、かなりユニークで、抜けた歯をイヤリングにして身につけておくみたいです( ^ω^ )面白いですよね!
国が違っても。歯の健康を願う気持ちは世界共通みたい
ですね( ´ ▽ ` )ノ皆さんもメンテナンスに通い歯の健康を
維持していきましょう!!
image.png


歯周病とは、歯ぐきや、歯を支える骨が壊されていく病気で重症化すると最終的には歯が抜け落ちてしまいます。



歯周病.jpg


日本では40歳以上の約8割が歯周病にかかっているというデータがあります。


歯周病の原因としてはさまざまな原因があります。


お口の中のばい菌(歯周病菌)が多いこと、またタバコ、多量の磨き残し(プラーク)、ストレス、唾液の減少、年齢や歯の数、全身疾患、遺伝、白血球の機能など人によってそれぞれ原因が考えられます。


 


実は『歯ぎしり』が歯周病の進行を早め、さらに重症化させることもあります。


歯ぎしりは歯だけでなく、歯ぐきなどにも強い力を加えてしまうので、すでに歯周病がはじまりつつある状態になるとさらに炎症が強くなり、歯ぐきのみでなく歯槽骨(歯を支えている骨)をも破壊し歯を失うことにも繋がっていくのです。


歯周病は放っておくと歯を失うだけでなく、糖尿病を悪化させたり、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症になったり、気管支炎、肺炎も引き起こしやすくなります。女性の妊婦さんにいたっては低体重児の出産や早産にも繋がります。


身体のためにも非常に注意すべき病気なのです。



歯周病は自分で気づかないうちに進行していることが多くみられます。歯周病がおこる原因も人によってそれぞれ違いますし、予防法を聞くこともできます。


身体の健康のためにもぜひ定期健診でチェックしてもらいましょう!



ha 2.jpg