みなさんこんにちは!今日は親知らずについてお話ししたいと思います。


 


 


親知らず(おやしらず)とは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。親知らずは前歯から数えて8番目にあります。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が10代後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。


 


親知らずは一般的には、上あごの左右2本と下あごの左右2本の計4本ありますが、もともと親知らずの無い人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります。親知らずの生えてくる場所が不足している、生える方向が通常と異なるために、埋まった状態になっていたり、傾いてきちんと生えてこないことがしばしばみられます。


親知らずの埋伏や発育段階から形成されずに歯が存在しないことは人類の進化の一過程という考えがあります。


 


親知らずは歯肉に部分的に被ったままになることにより不潔になりやすく、歯肉の炎症を起こしやすい状態となってしまいます。


 


これを智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼び、20歳前後の人に発生する頻度の高い疾患です。。この智歯周囲炎になった場合は、化膿どめ)や痛み止めの投与、さらにはうがい薬などを併用して炎症を鎮めた後、被った歯肉を切除をし、様子を見るといった場合もあります。しかし、親知らずの生える方向が悪かったり、炎症をくり返しているような場合は、抜歯することが適当と考えられます。


 


しかしすべての親知らずを抜歯しなければならないわけではないので、親知らずについたの疑問などは歯医者さんで尋ねてみてください♪


 


 ha14.png



親知らず(おやしらず)とは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。親知らずは前歯から数えて8番目にあります。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が10代後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。


 


親知らずは一般的には、上あごの左右2本と下あごの左右2本の計4本ありますが、もともと親知らずの無い人や、必ずしも4本が揃っていない人など個人差があります。親知らずの生えてくる場所が不足している、生える方向が通常と異なるために、埋まった状態になっていたり、傾いてきちんと生えてこないことがしばしばみられます。


親知らずの埋伏や発育段階から形成されずに歯が存在しないことは人類の進化の一過程という考えがあります。


 


親知らずは歯肉に部分的に被ったままになることにより不潔になりやすく、歯肉の炎症を起こしやすい状態となってしまいます。


 


これを智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼び、20歳前後の人に発生する頻度の高い疾患です。。この智歯周囲炎になった場合は、化膿どめ)や痛み止めの投与、さらにはうがい薬などを併用して炎症を鎮めた後、被った歯肉を切除をし、様子を見るといった場合もあります。しかし、親知らずの生える方向が悪かったり、炎症をくり返しているような場合は、抜歯することが適当と考えられます。


 


しかしすべての親知らずを抜歯しなければならないわけではないので、親知らずについたの疑問などは歯医者さんで尋ねてみてください♪


 


 ha14.png



むし歯を治療して、詰めたり、被せたりする修復物と、歯との境目にできるむし歯を二次う蝕と言います。二次う蝕になったら、むし歯になっている部分だけをやり直すか、修復物をすべてやり直すことになります。むし歯にならないことが大切ですが、治療をした後は修復物の境目を注意して磨き、歯を強化するためにも、フッ素入りの歯磨き粉を使いましょう。また、二次う蝕は自分では見つけにくいので、治療後は必ず定期的にチェックを受けましょうimage.png


こんばんは(^∇^)
小児に多いと思いますが、事故などで歯が取れたり、
一部が欠けてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
専用の液や牛乳につけて(無ければ水でもOK)もしくはお口の中
に入れて乾燥させないようにして歯科医院にお持ちください。

洗浄して清潔にした後に接着材で固定します!れ
欠けたり抜けたりしてからの時間が短ければ短いほど
治療成績はよいといわれています(*^_^*)

場合によってはせっかく接着材でくっつけても
中の神経が感染したり、死んでしまったりした場合には
中の神経を取らなければならなくなります!!

神経がダメになってしまった場合には痛みが出たり、
色が変わってきたりしますので、処置後も注意が必要になるので
定期的に歯科医院へ受診しましょう(^∇^)


みなさん。歯のお掃除をされるとき、歯ブラシ以外で何か度具を使われることはありますか?



実は歯ブラシで落とせる歯の汚れは全体の約6割程度でしかないのです。歯ブラシで落とせる範囲には限りがあります。


大まかな部分は歯ブラシで落とせます。注意すべきは歯と歯の間なのです。


この部分は歯ブラシが届かない部分です。ですが非常に重要な部分でもあります。


歯と歯の間に残る汚れは虫歯の始まりに繋がります。口臭の原因にも繋がります。身体の健康を害する動脈硬化の原因にも繋がります。


歯ブラシが届かない部分は専門的な道具を使用しましょう。


『デンタルフロス』もしくは『歯間ブラシ』がお勧めです。どちらを選ぶかは歯と歯の間の隙間の大きさによって決まります。


どちらも歯の側面に沿わせ根元までしっかり磨くようにしましょう。


一日1回からの使用で十分です。時間がしっかり取れる時間帯のご使用をお勧めします。



1967005005_s.gif