だんだん朝晩が冷え込んできましたね(>_<)
体調崩さないよう、気をつけてください!!




「よく噛んで食べなさい! 」



子どもの頃、お母さんから言われたのでは?

しかし朝食時は時間もなく、まさにかきこむようにごはんを食べた方も多いはずです。

でもやはり先人の伝えは偉大です!!


こんな面白いデータがあります。

・卑弥呼3990回 ・ 源頼朝2654回 ・ 徳川家康1465回


これは一回の食事で噛む回数なのです( •ꙍ•́ )✧



現代人はだいたい食事時間が10分前後だとして、咀嚼回数は620回と
いわれています!!

理想は1500回以上だといいますので、とても少ないです!!



噛むことは、顎を発達させ歯を丈夫にします。次に消化を助け、ダイエット効果だけでなく、満腹中枢にも関係しているのです(^^)

これは、10分以上噛むことによって満腹中枢が働き、満腹感を得ることで食べ過ぎを防ぐのです!!

そしてもう1つ、DIT(食事誘発性体熱産生)で、よく噛んで食事をすることによって消費エネルギーが高まるみたいです!



噛むことの最も重要な働きは唾液の分泌を促進することです。

唾液には身体にいい様々な酵素やホルモンが含まれており、
その中のアミラーゼは消化を助けます。

また、パロチン(唾液腺ホルモン)は別名「若返りホルモン」と呼ばれ、骨や歯の発育を助けるのと同時に、

加齢現象を抑えてくれるのです!その他には、大脳を刺激することで認知症を防いだり、再石灰化の作用があったりと良いことだらけです!
皆さん、よく噛んで食べることを意識してみましょう!


夜のはみがき、みなさんどこで行いますか?洗面台、という方が多いかと思います。


実はお風呂で歯磨きを行うと若返りホルモン≪パロチン≫が分泌されます。


これは唾液腺ホルモンの一種で人が本来身体に備わっている成分なのです。骨や、歯の再石灰化を促す効果があったり、髪や皮膚の新陳代謝を促す効果もあり、体の若返りをサポートします。


お肌の新陳代謝が良くなるということはシミ・シワのお肌の老化現象の予防になります。


ですがパロチンは24歳ごろをピークにだんだんと減少し始めてきます。ストレスで分泌が少なくなることもあるので分泌を意識することが大切です。これはよく噛むことでも分泌されます。


お風呂に使って行うことで体がリラックスし副交感神経が働いてきます。その状態で歯磨きを行うことで≪さらさら唾液≫が分泌されます。この中にパロチンがたくさんはいっています。


身体を暖めてゆっくりリラックスしながらの歯磨きタイム。歯磨き粉を使わず丁寧にマッサージするように行いましょう。


ただし、お風呂場は湿気が多いので歯ブラシは風通しのいい場所に保管するようにしないと不衛生になってしまうので注意が必要です。


imagesS45F1NT3.jpg



みなさんこんにちは



虫歯で歯を大きく削ったり、神経を抜いた後になるべく自然の歯に近い色のものがいいですよね!!!


虫歯の治療で歯を大きく削ったり、神経を抜いた後あとはクラウン(かぶせもの)を支える台としてコア(土台)を入れる必要があります。歯の土台(コア)は目立たない部分ですが、とても重要な治療です。土台には種類があり、それぞれ特長が異なります。ファイバーコアは、見た目も良く強度もあり、歯にもやさしい土台なんです歯の根の治療をした歯に差し歯を入れるときに残っている歯に歯が割れないよう補強をして作る部分です。
歯質は神経がなくなると根管治療後、歯の新陳代謝がなくなり、もろく崩壊しやすくなります。
そのため根管治療後、柱となる芯棒をたて土台(コア)をつくり、冠を入れる治療をします。
また、歯の土台(コア)は建物の土台と同様に、その後の歯の寿命に大きな影響をする部分でもあります。


芯棒にグラスファイバーを使い、強化プラスチックでつくられた金属不使用の土台(コア)です。




ファイバーコアの利点は

ファイバーポストは金属製ポストに比べ歯と弾性係数が似ているため、歯のたわみに応じて屈曲しながら力を分散し、歯が割れるリスクが低くなります。

ファイバーコアは金属を使用していないため光の透過性を損なわず、自然で透明感のある美しい歯を再現できます金属を使用しないので、金属イオンの流出による土台の変色、歯肉の黒ずみがありません。


欠点としては自費診療になるので保険適応外です。



歯というものは、神経が失くなるともろくなり寿命が短くなってしまいます。
少しでも歯の寿命を延ばすためも、に土台はファイバーコアを使用することをおすすめします。


 


こんにちは!


近年は平均寿命が延び、65歳以上の方の人口が増えてきています。


それと同時に歯を失わずに、お口の中に残っている歯を有する方が多くなりました。そのためむし歯になる歯も増えてきているのです。


 


 


高齢の方の歯が虫歯になりやすい理由が3つあります。


1 詰め物、かぶせ物が虫歯になる


歯と歯ぐきとかぶせ物の境目に汚れがたまりやすいため 


痛みなどの自覚症状がないため


かぶせ物のなかにむし歯があったり、折れてしまっている状態になり見た目に変化が現れない


 


 


 


2 根面う蝕(根本のむし歯)


加齢による歯ぐき下がり、歯周病、強いブラッシング圧により歯根面が露出してしまいます。


歯根面は歯の質が弱いためむし歯になりやすいです。


 


 


 


3 唾液減少によるむし歯のリスク


唾液が減る原因として、加齢、薬、糖尿病、シェーグレン症候群があります。


唾液には汚れを洗い流したり、抗菌作用があるため減ってしまうとそれだけむし歯のリスクが高まってしまいます。


 


 


 


 


大人の虫歯予防は、毎日の適切な歯磨き、定期健診・PMTCなどのプロッフェショナルなお手入れ、訪問介護の利用などとなります。


歯とお口の環境は年齢とともに変化していきます。適切なケアをしていきましょう