ストレスや加齢、薬の副作用などが原因で、唾液の分泌が減少し、口の中が乾く症状です。初期は口がネバネバしたり、乾いた食べものが飲み込みにくいなどの症状が現れ、ひどくなると舌がひび割れたり、食事が苦痛になったりします。マウスウォッシュなどで口の中を清潔に保つのはもちろん、よくかんで食べることも唾液の分泌を促進し、ケアにつながります。それでも症状が気になるようなら、歯科医院に相談しましょう



こんにちは‼ 口腔乾燥の方が使用するのはジェルとスプレーですよね。 なぜ、ジェルとスプレーがあるのでしょう。そして、どのように選べばいいのでしょうか?!


成分はほぼ同じ、ジェルとスプレーの違いを簡単にまとめると、 ☆ジェル ・・・ グレープフルーツ風味、口角や唇にも塗りやすいです♪ 使用方法:清潔にした指やスポンジブラシに1~2cm程取り出して塗布。 口腔内にとどまりやすいので誤嚥しにくく寝たきりの患者さんに向いています。 ☆スプレー・・・ 優しいレモン風味、外出先でも気軽にシュッとできます♪ 使用方法:口腔内に2回スプレーしてください。 口臭や乾きが気になったときに気軽に口腔内ケアができます。


テレビを見ていると笑顔の素敵な人たちは歯が白く、歯並びもきれいな方々が多いですね。
笑顔にも自身があり、笑った顔もとても魅力的です。
歯を白くするにはいくつか方法がありますが、そもそもなぜ人によって歯の色に個人差があるのか紹介します。
歯の色の違いは、歯の質の違いなのです。
歯には外側にエナメル質(外側の白い固い部分)があり、次に象牙質があり、中心には神経があります。
実はエナメル質は半透明であり、象牙質は黄みがかっています。
つまり、歯の色は象牙質が透けて見えるため黄色がかって見えているというわけです。
エナメル質の色や透明度や厚さ、そして象牙質の色は人によって異なります。生まれ持ったものであり一人ひとり顔が違うように歯の色もさまざまです。これは日本人や外国の方によっても大きく異なります。
歯の色が気になる、白くしたい!という憧れは誰にでもあるものですが、実は歯の質や状態によっても方法はいくつか異なってきます。
白くする方法としてホワイトニングが挙げられますが、実は歯のクリーニングだけで改善できるものもあればホワイトニングが適用できない場合もあります。
ホワイトニングの方法もいくつか種類がありますので興味のある方は歯科医院で相談してみてください。



みなさんこんにちは!

食事をする時よく噛んで食べていますか?
良く噛む事はじつはいい事だらけなんです
今日はよく噛む事でどんな効果があるのか紹介します
1、脳への刺激
よく噛むことは記憶力の向上と認知症の防止に効果的です。よく噛むことによって脳神経が刺激され、脳に流れる血液の量も増え、脳が活性化するのです。歯がありよく噛める方と入れ歯で硬いものが噛めない方とでは認知症になる確率が違います!
2、歯並び
よく噛むことで顎の筋肉が鍛えられ、歯が並ぶための顎の骨を発達させ、歯並びを良くします。よく噛むことで舌や顎の筋肉が発達し、それに伴い顎の骨も広がっていきます。噛む力が弱い方は顎の筋肉や骨が小さくなり歯並びが悪くなります!
3、食事が美味しくなる
よく噛むことで口や舌の粘膜が刺激され、粘膜の中にある味覚や触覚の細胞が刺激されます。また、よく噛むことで食べ物本来の味を認識することができ味覚はよく発達します!
4、消化が良くなる
よく噛むことによって食べたものがお口の中で消化され、胃腸の負担を軽くします。よく噛むことで唾液からアミラーゼという酵素が出され、ご飯などのでんぷんを糖に変えます。これにより胃腸は消化しやすくなります。特に胃腸が弱い方はよく噛むことを心がけるようにしましょう!

5、ガン予防
よく噛むことで唾液に含まれるペルオキシダーセという酵素が多く分泌され、食品の発ガン性を抑えます。我々が食べるものには発ガン性物質が含まれいるものがあります。例えば焦げてしまったものなどです。普段気にする程のものではないのですが、蓄積されればガンになる可能性があります。唾液に含まれるペルオキシダーゼという酵素が、発ガン性物質を体の外に出してくれるためガン予防につながります!

6、認知症予防
食事はよく噛んで食べることをオススメします!
飲み込む前に+10回はかんで飲み込みましょう


食事の時によく噛んで食べていたら昼休みが終わってしまうと多くの人が思いますよね。食後のキシリトールガムで代用してみてはいかがでしょうか。全ての効果を得られることはできませんが、美容効果や虫歯予防、脳の活性化には効果的です。


こんばんはー!


虫歯で抜けたり治療の一環として歯を抜いたりしたときはどう すると思いますか? その場所を人工の歯で補う治療を行うのです! 1本くらいなくても構わない!と考える人がいると思いますが それはいけないのです!! 下の奥歯が最初に抜けた場合あまり目立たないので 噛む時は反対側を使えば食べるのに不便もあまり感じなく 発声にもほとんど影響がないので放置しやすいですが 抜けた歯をそのままにしておくと時間がたつにつれて 歯並びが変わってくる可能性が高いのです!! 歯には周囲にできたスペースを埋めようとする性質があり奥から2番目の 歯が抜けると後ろの歯が倒れて斜めの歯にになるのです! 噛み合っていた上の歯は、遮るものがなくなるので下に向かって伸びてきます。1本抜けただけで隣接する歯の生え方が変わり、その変化を受けて、他の歯も動いてくるのです。その結果、歯と歯の間に隙間ができたり、歯並びがデコボコになったりしてかみ合わせのバランスが崩れたり、歯垢 がたまりやすくなってしまうのです。 歯が抜けたところに隣接した歯が動きかみ合わせのバランスを崩した場合 矯正をして治す必要があることもあるのです。 歯が抜けたら、歯並びが悪くならないうちに人工の歯 を入れる治療を受けることが大切です。 歯がないところがあり気になる方は歯科医院へ相談しましょう!