さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

裏側矯正について

2018.05.27

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

裏側矯正はリンガル矯正とも呼ばれ、今まで表側に着けていた装置を見えにくい裏側に装着し、歯を動かしていく治療法です。
歯の表側は比較的平坦な面があり、直接目で見て作業が出来るため操作もしやすいです。

しかし、裏側はくぼんでいたり、特に前歯の裏側は複雑な形態をしているため操作が困難になります。

そのため、まず歯型をとり、模型を作成します。
この模型を使って歯が並んだ状態を作り、裏側の装置を歯のどの場所に、どの角度で装着するか決定します。
すなわち、オーダーメイドで矯正装置を準備していくのです。

裏側矯正のメリットは従来の表側矯正に比べ、審美的で矯正治療をしていることが気付かれにくいことです。
また歯を前後に動かすことが得意なので、出っ歯の方に向いています。

しかし装置が裏側につくため、舌を動かしにくい、話づらいというデメリットがあります。
人前で講演される方や話すことがお仕事の方は慣れるまで不便に感じるかもしれません。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診