さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

顎の成長について

2018.06.17

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

顎には上顎と下顎がありますが、顎の成長によって歯並びは変わります。
では、顎の骨の成長について考えてみましょう。

実は、顎の成長は上顎と下顎で成長する時期が少しだけずれています。
まず上顎骨の成長が先に始まり、お顔の幅が、次に長さと深さが成長していきます。
上顎は骨と骨が縫合(骨と骨の接合)することにより作られています。
上顎の特徴として、左右の上顎の骨が縫合されているので、この部分を床矯正にて広げて歯が並ぶスペースを増やすことができます。
主に10歳前後をピークに成長していきます。

下顎は上顎よりやや遅れて成長がスタートしていきます。
下顎の骨は大きな骨で出来ており、骨全体が大きくなることで奥行と幅が決まります。
中学生頃が成長スパートとなり思春期が終わるころまで成長を続けます。

咬みあわせは上下の顎の成長の差が大きくなると上顎前突、反対咬合といった不正咬合の原因になります。
それらはこの成長の時期に顎の成長を抑えたり、促進したりする治療が効果的です。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診