さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

矯正治療で使用されるワイヤーについて

2018.06.23

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

ブラケットを装着しただけでは歯は動きません。
そこでワイヤーを歯列のアーチ状に曲げた「アーチワイヤー」をブラケットに結び力を加えることで歯を動かしていきます。
主に矯正治療で使用されるワイヤーはステンレスワイヤーとニッケルチタンワイヤーの2つがあります。

ステンレスワイヤーの特徴は非常に硬いということです。
また形状記憶ではないため、ワイヤーを曲げ歯牙の移動をコントロールしていきます。

ニッケルチタンワイヤーは柔らかく、形状記憶合金になります。
そのため曲げても元の形に戻ろうとする性質があります。
もう一つ、特徴として「超弾性」を有しています。
ニッケルチタンワイヤーを曲げてブラケットに結ぶと、形状記憶の性質のため元に戻ろうとする力が発生します。通常は大きく曲がっていると大きな力が歯にかかり、少し曲げたところは小さな力が歯に加わります。ところが、ニッケルチタンワイヤーは大きく曲げても弱い持続的な力で元に戻ろうとするのです。これを「超弾性」と呼んでいます。

歯を動かす際はこの弱い持続的な力が適切とされており、矯正治療には無くてはならないといえるでしょう。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診