さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

矯正用アンカースクリューについて

2018.07.10

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

通常歯を動かす時は「歯と歯の引っ張りあい」になります。
前回お伝えしたように「レべリング」を行っていくと歯が揺らされ動いていきます。
そのため、動かしたい歯だけでなく、動かしたくない歯まで引っ張りあいをした結果、動いてしまうのです。

動かしたくない歯を動かさない、もしくは動かしたい歯を早く引っ張って動かしたい時その際使用するのが矯正用アンカースクリューです。

矯正用アンカースクリューは骨と親和性の高いチタンで作られており、アレルギーの出にくい性質となっています。
この矯正用アンカースクリューを顎の骨に埋めこみ、歯を動かす際の固定源とします。
従来では歯と歯が引っ張りあい、互いに近づくように動いていきますが、どちらか一方の歯が良い位置に動いて、もうそれ以上動かしたくない場合でも動いてしまうことがありました。
しかしこのスクリューを用いると顎の骨は動きませんので、良い位置で歯を固定し、もう一方の歯だけを動かすことが可能になります。
このスクリューを用いることで今まで困難だった方向へ歯を動かすことが出来たり、矯正治療の期間を短縮できるようになります。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診