さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

歯石がつくメカニズム

2018.05.02

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

皆さんこんにちは(*´∀`)

今日は皆さんもよく耳にする歯石についてです。
歯石ってどのようにして作れるのでしょうか…

口臭や歯周病の原因となる歯石ですが、そもそも歯石はどのようなメカニズムで蓄積されるのでしょうか。ここでは、歯石ができるメカニズムについてご紹介させていただきます。

人間は食事をすると、食べ物の食べカスが歯に付着してしまいます。歯磨きによってこの食べカスをしっかりと除去することができればいいのですが、磨き残しが出てしまった場合、この食べカスは歯の表面に付着したままになり、次第に腐敗していきます。
そして腐敗した食べカスには様々な細菌や雑菌が繁殖し、これらが混ざり合ってペースト状になってしまいます。これがいわゆる歯垢(プラーク)です。
人間の唾液にはカルシウムが含まれているのですが、歯の表面に付着した歯垢が唾液中に含まれるカルシウムに長期間さらされると、石灰化して歯石になってしまうというわけです。
気になった方はいつでもご相談ください

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診