さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

歯茎からの出血

2018.05.12

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

みなさんこんにちは?

歯茎から出血するという経験ありませんか?

柔らかめの歯ブラシで優しくブラッシングしましょう。
歯ぐきから血が出ているところは、汚れがたくさんついています。その汚れが原因で血がでていますから、まずはハブラシで優しく汚れをとってみてください。

歯ぐきからの出血の90%は歯周病が原因といわれています。
見分け方としては、まずは鏡で血ができる歯ぐきを観察してください。歯ぐきの色が赤くなっていたり、ぶよぶよと膨れている状態でしたら、歯周病の可能性が高いです。
赤みもなく、ぶよぶよとした腫れもない場合は、切り傷などが考えられます。
歯周病は、歯ぐき、歯の根の表面にあるセメント質、顎の骨のうち、歯を支えている部分、歯と顎の骨をつなげている膜などの歯の周りにある組織に起こる病気です。

女性の場合は、ホルモンバランスの変化により、歯ぐきに届く血流が増えることがあります。妊娠期や月経時期、更年期などの時期は歯周病が進行しやすい環境です。

通常呼吸をするときは、鼻で呼吸をしますが、鼻炎などの原因によって、鼻で呼吸ができない人は口で呼吸をします。その場合、お口の中に常に空気が流れている状態になり、口が乾燥し、歯ぐきが腫れやすく、炎症を起こし、出血している場合もあります。普段から鼻呼吸ができているか、確認してみてください。

口の中が乾燥していて、粘膜が弱くなり、出血する場合があります。特に、女性で歯ぐきの腫れもなく、お口の乾燥を感じる方、出血を感じる方は、ドライマウスが考えられます。

歯ぐきから血がでているは歯周病の始めのサイン。歯ぐきの腫れや汚れのつき具合を確認し、歯磨きを改善していきましょう。もしかして、ひどい歯周病の状態かも?そう思った人は、早めに歯科医院を受診しましょう。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診