さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

歯石って、、、

2018.06.14

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

歯石とは、歯にこびりついた汚れが石灰化したものです。
ネバネバした歯垢とは異なり、名前の通り石のように硬いものです。
その主成分は「リン酸カルシウム」で、歯垢(プラーク)や白血球の死骸などが、ミネラルの一種であるリンと、唾液に含まれるカルシウム成分で固められてできています。

お口の中に歯垢などの汚れが溜まる(その中には健康を害する細菌がたくさん潜んでいます)。

「細菌が悪さをしないよう、動けなくしよう」という体に備わった防御反応が働く。

唾液成分が汚れを固め、歯石となってその場に固定される。
 
プラークとともに、歯石歯周病の大きな原因の一つとして挙げられます。歯石自体はプラークが石灰化したものであり、歯周組織とよばれる歯肉や歯を支えている骨への直接の異害作用はプラークほど大きくないと言われています。
しかし歯石の中に潜む細菌が常に毒素を出すことにより、歯肉が腫れ、歯の周りの骨を溶かす歯周病を引き起こすため、歯石ごと細菌を除去する必要があります。

たまには歯石をしてみませんか?

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診