さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

睡眠時の食いしばりについて

2018.08.13

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

みなさん、こんばんは。最近は暑くて寝苦しい日が続きますね。暑いとゆっくり休むことができず体力を消耗しがちになります。

暑くて寝苦しいですが皆さんは夜中に食いしばっていたり、朝起きてなんとなく顎が疲れた感じがしたり、痛かったりしませんか?

食いしばりとは、上下の歯で強く噛み合わせる事です。通常、上下の歯と歯が接しているのは、食事の時だけで、1日当たりで考えると20分程度です。
それ以外は、上下の歯は1㎜程度隙間を開けた状態で保っているのが正常です。
しかし、食いしばりの癖がある場合は、1日に1時間から2時間、大きな力で上下の歯を噛み合わせる状態になります。食いしばりの原因は、主にストレスなどの精神的要因です。
それに加えて噛み合わせの悪さなどの物理的な要因も関係しています。

食いしばりによって、歯が割れたり欠けたりする、知覚過敏がおこる、頭痛、肩こりなど、他にも様々なことが起こります。

食いしばり改善の効果的な方法としてマウスピースがあります。歯科医院で歯の型を取り、自分専用のマウスピースを作成し、夜寝ている間に装着して、寝ている間に無意識に食いしばりをするのを防ぎます。

寝ている間は、無意識のうちに食いしばりを行うので、強い力で長時間してしまう事も多く、歯や歯ぐきへのダメージが強くなるのでマウスピースを装着する事で、力を分散させ、ダメージを軽減します。
食いしばりをしていると感じている方は、早めの歯科受診をおすすめします!

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診