さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

子供の虫歯

2018.09.29

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

皆さんこんにちは!
子供の歯の虫歯は、主に糖分や汚れが原因になります。

牛乳や粉ミルクや母乳、炭酸飲料、その他の甘い飲み物に糖分は含まれます。この糖分に歯が長時間さらされると、口内にある細菌が飲み物や食べ物に含まれる糖分を利用し、歯を溶かす酸を作り出します。

この溶ける環境が頻繁に続くことで「虫歯」はできます。

乳歯はもともと永久歯よりもエナメル質が薄く、厚さは永久歯も2分の1程度しかありません。
そのため、虫歯になって歯が溶け始めると、比較的早く虫歯が神経まで進んでしまいます。普段、お口の中では食事のたびに歯が溶ける「脱灰」と、 唾液中に含まれるカルシウムなどのミネラルが脱灰部分に沈着して、溶けた歯を戻す「再石灰化」を繰り返しています。

痛くなってから歯医者に行くことが当たり前でしたが、今は「痛くない時に虫歯がないか。健康な状態が維持できているか検診してもらう」このような歯科医院が増えてきました。

正しく磨くコツや、奥歯のシーラント、唾液検査など、予防に関する処置を受けたり、新たな情報をキャッチするためにも定期的に通える歯科医院を持つことをオススメします。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診