さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

噛む力について

2019.01.03

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

<噛む力について>
歯の噛む力はどのくらいあるのでしょうか? 人の噛む力はその人の体重程度だといわれています。 体重50kgの人なら、50kgの力で噛むのが最大というわけです

とはいえ、50kgの力って、どのくらいなんでしょうね。 かなりの力だと思いますが、具体的にどのくらいの感覚かとなると、 ピンと来ないと思います。

ちなみに、食事の際に食物の食べやすい硬さは、 その方の噛む力の25%~30%程度が目安となるといわれています。

一般的に硬い印象のあるせんべいやピーナッツを噛むためには、 せんべいで14kg、ピーナッツで約12kgの力がいるそうです。

硬い食べ物を噛み砕くためには、これくらいの力が歯と歯茎にかかってきます。 食べ物を美味しく味わいながら快適に噛もうと思えば、 これらの力に耐えうるだけの健康な歯と歯茎が必要になります。

ところが、ブリッジや入れ歯になると、天然の歯と比べて 噛む力が35%~40%に減少するといわれています。 天然の歯の半分に満たない力しか出ませんので、 今までのように硬いものを気にせずに食べるというわけには いきません。

ブリッジの場合、口の中に義歯が入っているという感覚は 殆どないと思いますが、ブリッジを支える両隣の歯に 頼っているために、実際には噛む力はそれほど出ていません。

食べ物の硬さを気にせずに食事をするには、ブリッジや入れ歯は やや力不足ですので、歯を労わりながらの食事となります。

健康な天然の歯をお持ちのかたであっても、歯を労わるために、 せんべいは手で小さく割ってから食べる方もおられると思います。

ブリッジ、入れ歯の治療をされる場合は、その点も 考慮しておく必要があると思います。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診