さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

食べ物を食べる時の歯の役割

2019.05.13

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

みなさん、歯にはそれぞれ役割があることをご存知ですか?今日は歯の役割についてお話します。
永久歯は形状で3種類に分けることができます。

それぞれの歯は次のような役割を果たします。

切歯・・・食べ物をかみ切る
犬歯・・・食べ物を引き裂く
臼歯・・・食べ物をすりつぶす

第1大臼歯は、物をかみくだくのにもっとも重要な歯永久歯の中でもっとも大きく、噛む力も強いのが第1大臼歯です。

歯並びやかみ合わせの基本になる大切な歯ですが、むし歯になりやすいので生えてきたら積極的なむし歯予防が必要です。

第1大臼歯がむし歯になりやすい理由として、奥に生えるため、歯みがきが難しい、生え揃ってから上下の歯がかみ合うまでに、1年~1年半ほどかかり、その間に汚れがたまりやすい状態が続く、かみ合わせの溝が複雑ということが挙げられます。

毎日の歯磨きと定期的な検診で健康な歯を保ちましょう!

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診