さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

虫歯の進行度

2019.05.27

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

一口に虫歯と言っても、初期の虫歯から重度の虫歯まで進行度によって様々なステージがあり、各ステージにより症状や治療法が異なります。
まずは虫歯の進行について説明します。

進行度1.CO

「要観察の虫歯」と言われるごく初期の虫歯です。歯の一番表層のエナメル質が少し溶かされて、斑点状または帯状に白や茶色に濁ったりします。また裂溝と言われる噛み合わせの面の溝が、茶色くなることもあります。
この段階では痛みなどの症状はほとんど無く、削らずにフッ素塗布などで様子を見ることもあります。

進行度2.C1

エナメル質のみが溶かされ穴が開いた状態です。この段階では虫歯がエナメル質にとどまっているため痛みはほとんどありませんが、通常は虫歯を削って詰め物をして治療します。

進行度3.C2

虫歯がエナメル質の下の層の象牙質まで進行した状態です。この段階になって初めて虫歯の症状が現れることがほとんどです。症状としては冷たいものがしみる、甘いものがしみるなどがあります。
虫歯が神経の近くまで深くなると、ズキズキした痛みが生じる事があります。通常は虫歯を削って樹脂や金属の詰め物をして治療しますが、神経の近くまで虫歯が進行している場合は神経を抜くこともあります。

進行度4.C3

虫歯が神経まで進行した状態です。この段階では神経が炎症を起こした歯髄炎と言われる状態になるのでズキズキした痛みが生じます。また神経が死んでしまって根っこの内部や先端に膿がたまることもあります。
通常神経を抜いた後、歯の根っこの内部(神経が入っていたところ)の治療を数回行い、最終的には被せ物をします。

進行度5.C4

虫歯により歯が根っこしか残っていないような状態です。この段階では神経はすでに死んでいますし、根っこの部分も虫歯におかされていますので、歯を保存する事が困難になります。
通常は抜歯して、ブリッジ、入れ歯、インプラント等の治療を行います。

虫歯の治療で歯を削り、詰め物や被せ物をした歯は、虫歯の再発の確率が高まったり歯の寿命が短くなってしまったり、薬剤を使ったホワイトニングでは白くすることができないなど、様々なリスクを負うこともあります。

健康な白い歯を保つためも、歯医者さんの定期検診を忘れずに、虫歯の早期発見を心掛けましょう!

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診