さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

フッ素って、なあに?

2020.06.02

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

みなさんこんばんは!今日は、フッ素って、なあに?というお話しです。

フッ素は、人体に欠かせない元素の一つです。この科学的な原則を応用しているのが、むし歯の予防に利用されているフッ素です。

私たちが健康を保つためには、約20種類のミネラルが必要です。
中でも、微量でも人体に不可欠な元素を「必須微量元素(ひっす びりょうげんそ)」と言っています。
それには、フッ素も含めて現在15種類あります。

フッ素は、成人の体には常に約2.6グラム存在しています。フッ素は、いつも食べている食べ物や飲み物にも含まれ、特に、煮干しや小魚などの海産物、番茶、野菜に多く含まれています。

フッ素は、歯を構成しているカルシウムと結合して硬くなり、歯垢から作られる酸にも溶けないように防護的に働くとともに、抗菌作用もあり、むし歯菌を寄せ付けない力も持っています。
また、フッ素の最も重要な働きとして、歯のカルシウムやリンが溶け出した初期の段階(むし歯の始まり)では、フッ素の働きで、再び元の健康な歯にもどしてくれる働き(再石灰化促進作用)もあります。

フッ素をむし歯予防に確実に応用できれば、40~60%のむし歯はおさえられるそうです。

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診