さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

食事と虫歯の関係

2018.07.11

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

こんにちは。

皆さんお菓子は好きですか?
ご飯を食べる時はテレビを見ながら食べますか?
私はお菓子大好きです!!笑

今回はダラダラ食いと虫歯の関係についてお話しさせて頂きます。
食事や間食は時間や回数を決めて摂取することで、虫歯のリスクは下がります。

虫歯とは、細菌が糖を養分とし、酸を産生することで生じます。
皆さんが食事をすると、直後からお口の中は酸性になり、歯の表面のミネラル成分が溶かされ始めます。
それに対して、唾液は酸を中和し、お口の中を中性にする作用を持っています。
その為、一度酸性になったお口の中も、睡液の作用により40分くらいの時間をかけて徐々に酸性から中性に戻っていきます。
しかし、お菓子などをちょこちょこ食べていると、お口の中が常に酸性になり、虫歯になりやすくなってしまいます。
規則正しい食生活と食後の歯磨きが大切です!

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診