さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Tips豆知識(旧ブログ)

親知らずは抜いた方がいい?

2019.06.04

さこだ歯科運営スタッフ

さこだ歯科運営スタッフ

今回は親知らずについてお話していきます!親知らずを抜いた方がいいのか?と疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が20歳前後で親に知られることなく生えてくる歯であることから親知らずという名前の由来とされています。一般的には上顎、下顎の左右2本ずつの計4本ありますが、上下左右4本揃っていない人や全く生えていない人など個人差があります。また、生えてくる方向が通常と異なり、埋まった状態になっていたり、傾いてきちんと生えてこない場合もあります。どうして痛むのか?親知らず虫歯になっていないのに痛むことがあると思います。原因は色々ありますが、特に親知らずが歯肉を押し分けて出てくる時に歯の上にある歯肉が、上のアゴの歯に噛まれて傷ついたりすることが多いようです。また、歯の周りに汚れがたまっていたりすると、細菌感染により炎症を起こしてしまいます。こうなると口が開かなくなったり、熱が出たりして痛むようになります。

親知らずの抜歯の痛みを少なくするためには術前と術後のケアが大切になります。また、抜歯する場合は早い時期の方が望ましいです。親知らずが気になっている方、迷っている方はレントゲン等の検査を受けることをおすすめします^^

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診