さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

お子さんも定期的に歯医者へ

2022.06.13 - tags: 鹿児島中央駅 歯科

こんにちは。さこだ歯科の正國です。

今回は子供のお口についてお話をしていこうと思います。

 

歯はまず乳歯と呼ばれるものから生えていき、

成長するに従って生え変わり、永久歯と呼ばれる歯が生えてきます。

乳歯は全部で20本、永久歯は28本で親知らずを合わせると32本生えてきます。

乳歯は6歳ごろから生え変わってきますが、歯によっては12歳ごろまで生え変わらない歯もあります。

乳歯が早く抜け過ぎたり、いつまで経っても抜けない場合、永久歯の生える位置がズレて歯並びが悪くなることがありますので、

定期的に歯医者さんでチェックしてもらうことが重要です。

 

また、生え変わるからといって乳歯の虫歯を放置しておくと同じように歯並びが悪くなったり、

生え変わる永久歯に影響が出たりする場合もありますので注意が必要です。

乳歯というのは永久歯に比べて厚みが薄かったりと虫歯に弱いため、

小さい虫歯を放置しておくとすぐに大きくなって、神経まで達してしまうこともあります。

また6歳ごろからは乳歯と永久歯がどちらも存在する混合歯列となります。

生えたての永久歯はまだ歯質が弱く、歯の溝も深いので虫歯になりやすいと言われています。

虫歯にならないよう歯磨き、仕上げ磨きをしっかりするのはもちろん重要ですが、

虫歯になるのを予防するためにフッ素を塗ったり、溝を少し埋めて虫歯予防の効果のあるシーラントなど歯医者でしかできないケアがあります。

お子さんのお口のことを考えて一度歯医者で相談してみてください。

 

さこだ歯科では子供でも来たくなるような歯医者を目指しています。

キッズスペースや子供用の治療台もあります。

子供用の治療台では治療中にDVDが観れるようになっています。

是非、お子さんと一緒にさこだ歯科にお越しください。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診