さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

こども歯って大人の歯と何が違うの?

2022.06.20

皆さんこんにちは!歯科衛生士の釘田です☺️🌸

梅雨の季節がやってきましたね!

洗濯物は外に干せないしジメジメで気分も沈む事もありますが、

朝顔の花がとっても綺麗に咲く季節でもありますので嫌な事ばかりでもないですね!🌸

大切な日にはてるてる坊主を作ってみるのもありですね😌☔️🌞

さて今回は小児歯科についてお話ししたいと思います✨🦷

 

まず歯の違いについて説明させて頂きます🌸

🦷こどもの歯を乳歯といいます!

大人の歯が生える前に萌出してくる歯の事です🌟

見た目は大人の歯に比べるとひと周り小さいのが特徴です👶

 

🦷大人の歯を永久歯といいます!

乳歯が抜けた後に萌出してくるのが大人の歯、永久歯です🙋‍♀️

皆さんは子どもの時にフッ素を塗った事はないですか??

フッ素の効果は2つあります✨

1つ目が、歯質の強化。 酸で溶けにくい歯質を作ります!

2つ目が、歯の再石灰化。 食後などに溶け出すミネラル成分を再石灰化し、虫歯のきっかけを回避します!

 

どれぐらいの頻度で塗ったほうがいいの?

歯科医院で行うフッ素塗布は高濃度のフッ素を直接塗ります!また塗布後は30分は飲食を避けて頂いております🦷💦

3か月に1度程度継続的にフッ素塗布を行うことで効果が途切れませんので3ヶ月に一度は塗る事を勧めています☺️🌟

 

気になることがありましたらなんでも聞いてくださいね🦷✨

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診