さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

インプラントって

2021.10.08

こんにちは。

さこだ歯科の正國です。

今回はインプラントについてということで、皆さんインプラントはご存知でしょうか。

インプラントの基本的な使い方としては、歯が失われたところに人工の歯の根っこを埋めて、歯と同じ働きをさせるというものです。

そもそもインプラントとは体の中に埋め込む人工物を言います。

歯科のインプラントのイメージが強いため、インプラントといえば「歯科インプラント」を連想しやすいですが、人工関節など医科の方でもインプラントは様々存在します。

 

歯科のインプラントも実はさまざまあります。

例えば矯正用のインプラントなんかもあります。

矯正のゴムを引っ掛けるための突起をインプラントで作ることで色々な方向に歯を動かせるのです。

 

インプラントのイメージはどうでしょうか。

高い。

危ない。

 

そんなイメージもあると思います。

たしかにインプラントにはそういう側面もあります。

外科的な治療ですのでリスクはどうしてもあります。

 

しかしインプラントも使い方次第です。

インプラントを埋めると体はどうしても異物反応を起こします。

インプラントの材料は体の異物反応が起きにくい材料でできていますが、それでも異物なので必ず炎症が起きます。

そこで重要なのがその炎症をコントロールすることです。

どういうことかと言うと、しっかりお手入れしましょうということです。

そもそも歯磨きがうまくできずに歯周病が進行している人には、インプラントはおすすめしません。

インプラントは自分の歯と同じか、あるいはそれ以上にケアが必要です。

そしてインプラントを入れた後は必ず、定期的に、歯科医院で検診やメンテナンスを行いましょう。

しっかりお手入れしたインプラントは自分の歯と同じように使うことができ、見た目もキレイです。

歯を抜かなければならない、歯を抜いたけど入れ歯がうまく使えない、入れ歯は嫌という方はインプラントも考えてみませんか?

気になる方は話を聞くだけでもお気軽にお越しください。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診