さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

インプラントという治療法の選択

2021.10.27

こんにちは。放射線技師の迫です。

みなさんはインプラントという、歯を失ったときに行う治療をご存じですか?

失った歯を補う治療方法は、インプラントのほかにブリッジや入れ歯という選択肢があります。

しかし、どちらの治療法も残っているご自身の歯に大きな負担がかかります。

インプラント治療は、ご自身の歯を削ることがないので、審美的・機能的にも優れている治療です。

インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込む外科手術が必要です。

麻酔を使用するので、治療中に痛みは感じませんが術後に痛みや腫れ、内出血を伴うことがあります。

また、治療を受ける際の健康状態も大切です。

ご不安なことがある場合には、かかりつけの担当医師に相談し、治療可能か確認しましょう。

インプラントは骨との結合も大切です。骨と結合する期間は、数か月かかります。

場合によっては骨を増やす治療も必要で、その場合は最終的に1年近くかかることもあります。

期間が長かったり、外科手術があったりと色々気になる点があると思います。

いつでもご相談に乗りますので、お気軽にお声掛けください。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診