さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

インプラントとタバコの影響

2021.10.28

自分の歯のようにしっかり噛めるようになる人工歯のことを『インプラント』と言います。

身体の一部を人工にするので長くいい状態で使っていくためにもいくつか注意点があります。

その一つに『タバコ』があります。

タバコには200種類以上の有害物質が含まれています。

インプラントに限らず、体のいろいろな臓器に悪影響を及ぼしてしまうので身体の健康のためには決して良いものとは言えません。

インプラントに関してもたばこの影響はいくつもあります。

 

タバコは身体の免疫力を低下させてしまう悪影響があります。

免疫力が下がることで顎の骨とインプラント本体の結合がうまくいかず、細菌による感染も起こりやすくなります。

 

インプラントと顎の骨の結合がうまくいかなければ手術で埋め込んだインプラントが脱落してしまうことがあります。

 

これは手術後に限った話ではなく、埋入後しばらくしてもずっと関係してくる問題です。

 

喫煙者の方は、インプラント治療後1年未満にインプラントの脱落リスクが約2倍に上がるというデータもあります。

(福田仁―九州大学名誉教授「喫煙と口腔病変との関わり」より引用)

 

長年の愛煙を続けていらっしゃる方は、身体へのリスク、インプラントへのリスクを理解していても簡単に喫煙できるわけではないと思います。

 

健康でおいしい食事を楽しんでいくためにもまずは1日1本からでも構いません。

少しずつ減煙していくことからまず始めてみましょう。

 

インプラント後のケアも大切です。インプラントを長持ちさせるためにも私たちにサポートさせてください。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診