さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

インプラントのメンテナンス

2021.10.29

インプラントとは歯がなくなってしまったところを補う方法の1つです。

ブリッジや義歯と比較して噛み合わせや審美性だけでなく両隣の歯を削ったり、義歯のようにバネがかからないことで他の歯を守ってくれるメリットがあります。

インプラントは最終的な被せ物が入るまでに他の治療と比べ長い時間がかかります。

しかしインプラントが終了し歯が入った患者様に感想をお聞きすると、

「違和感がなく噛みやすい!」

と答えてくださり、時間がかかる分、満足度の高い治療だと思います。

 

しかし、インプラントは入れたら終わりではありません。

ご自身のお手入れが不足したり歯医者でのメンテナンスを行わないとインプラント周囲炎という歯茎の炎症が起き、重度になると抜け落ちてしまうこともあります。

メンテナンスの際はインプラントに動きがないか、出血や膿は出てこないか確認し、定期的にレントゲンも撮影し骨の状態もチェックしていきます。

ご自身の歯ブラシでは届かない部分もあるため、インプラントの周りの部分には特殊なフロスを通してお手入れします。

またセルフケアにおいては、普通の歯ブラシより小さく、毛先が細く、柔らかい性質の歯ブラシがありインプラントと歯茎を傷つけず境目を磨くことのできる歯ブラシもありメンテナンスの際に磨き方をお伝えしています⭐︎

インプラントはセルフケアと定期的なメンテナンスを行うことにより丈夫に保つことができ、お食事もよりおいしく食べることができると思います!

もし今お口の中でお困りのことがありインプラントについてより詳しくお話しを聞きたい際はお声かけください⭐︎

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診