さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

インプラントをして楽しいお食事を

2021.10.04

インプラント治療とは歯を失った部分に人口歯根を埋め込むことです。

歯を虫歯や歯周病で失った場合、そのままにしておくと隣の歯が傾いてきたり、嚙み合わせが悪くなったり

上手く食事が出来なくなったり、話しづらくなったり、肩こりがしたり、様々な影響が出てきます。

そうならないように何か変わりのものを入れないといけません。例えばブリッジや入れ歯やインプラントです。

インプラントは義歯に比べてより歯に近い形をしているので、審美性が良く、顎骨に埋め込むため、安定し、

噛む力が入りやすく、硬いものも食べやすいです。

ただし、インプラントを入れたらそれで終わりではありません。上手くセルフケアが出来なくて、磨き残しが

溜まってしまうと、歯茎が腫れたり、インプラント周囲炎といってインプラントの周りの骨が解けてしまう

場合があります。

そうするとインプラントを支える土台が弱くなって揺れてきたり、持ちが悪くなってしまいます。

そうならないためにセルフケアをしっかり行い磨き残しを残さない事が大切です。

また、セルフケアだけだと、インプラントの周りの細かい部分までお手入れが難しいため、

定期的に、専門の機械を使ってメンテンスをして、維持していきましょう。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診