さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

インプラント周囲炎

2021.10.19

こんにちは。歯科医師の隈本です。
今回のブログではインプラントについて少し書かせていただきます。

まず虫歯や歯周病、外傷などの様々な原因で歯を失った場合、その部分を補う治療として①入れ歯②ブリッジ③インプラントという選択肢があり、
それぞれに長所と短所があります。
その中でインプラント治療は、お口の中の状態を考慮すると他の残っている歯に優しい治療と考えられますが、
基本的に保険適用外の治療となるため他の治療と比較すると費用もかかり、時間も必要になってきます。
しかし、インプラントの治療についてしっかりと理解し納得して治療すれば優れている点も多いです。

次にインプラントの治療後についてですが、最も注意しなければならないことがインプラント周囲炎です。
インプラントは歯ではないので虫歯になることはありませんが、お口の中の細菌によりインプラントの周囲に炎症が起き、
インプラントを支えている骨が下がってきてしまう可能性があります。
インプラントを入れて終了ではなく、その後のメインテナンス、ご自身での歯磨きが最も重要だと考えられます。
歯ブラシ、糸ようじ・フロス、歯間ブラシなど必要に応じて使用することをとてもお勧めします。

最後に、毎日の歯磨きとメインテナンスにより今残っている歯を少しでも残すことが1番大切ですが、
もし抜歯が必要となった場合でも歯医者さんとしっかり話し合ってより良い治療法を探し、一緒に治療を進めていくことができれば大丈夫です。
まずは近隣の歯科医院、信頼できる歯科医院に行き健康的なお口の中を目指しましょう!!

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診