さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

フッ素の効果

2022.06.06

みなさん、こんにちは!

最近、段々と暑くなってきましたね🫠

日傘や水分補給など暑さ対策をしていきましょう☂️🥤

今回のテーマは小児歯科です。

子供の歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べて、歯の質が弱く、むし歯になりやすいです。

乳歯がむし歯になっていると、新しく生えてきた永久歯もむし歯になりやすくなります。

むし歯を防ぐために一番重要なのは毎日のお手入れが重要になります。

プラスで、歯の質を強くするフッ素の使用も重要です。

フッ素の働きは大きく分けて三つあります。

①酸の働きを抑える

・歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が出すむし歯の原因菌の働きを弱めます。歯を溶かす原因である酸の量を抑えることができます。

②再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンを戻す働きがあります。

③歯質を強くする

歯の表面を酸が溶かすのを抑えます。

日常的に使用できる物では、フッ素入りの歯磨き粉などあります。

歯磨き粉の量は目安として歯ブラシの1/3程度で充分です!

フッ素を1度塗ったからと言ってむし歯にならないというわけではありません。

継続的に利用しないと効果が出にくいため、23ヶ月ごとに、定期的に塗る事が大切です!

子供さんが、夏休みや冬休みなど長期休みの際に一度、定期検診で歯医者に行ってみてはいかがでしょうか👶🏻🦷

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診