さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

マスクで口臭=歯周病!?

2021.08.02

歯周病って、自分自身ではなかなか気付かないうちに進行してしまう病気です。
もし手のひらを怪我して出血していたら、ご自身の目で確認できて手当てもできますが、お口の中は複雑で、歯周病で出血していたとしてもすべての状態をご自身ではなかなか確認することができず、気付くのも遅れがちです。

手遅れにならないためにも、まずご自身のお口の状態を知ることが大切です。
ご自分で鏡を見ながら、歯や歯茎の状態を確認してみてください。
以下の項目で、1つでも当てはまることがあれば、歯周病の可能性が考えられます。

・歯磨きやフロスを通したときに歯茎から出血がある
・歯茎の色がピンクではなく赤い、もしくは赤黒い
・歯と歯の間の歯茎が丸みを帯びていて腫れぼったい
・朝起きると口の中が苦く、ネバネバしている
・疲れたときに歯茎が腫れやすい
・歯茎を指で押さえると、白い膿が出てくる
・歯が長く伸びてきた気がする
・歯の表面を舌でさわるとざらつきがある
・歯茎が痩せて、歯と歯の間にすき間があいてきた
・歯を揺さぶるとグラつく
・上の前歯が以前より出てきた
・マスクをすると口臭が気になる
・口臭を指摘された
・食事で物が詰まりやすい

当てはまることが何かありましたでしょうか?
最近ではマスクでご自身の口臭に気付いて来院される方も多くいらっしゃいます。
もし歯周病にかかっていたとしても、歯周病治療と日々のお手入れで改善できます。
お口の健康のことで気になることがあれば、何なりとご相談ください。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診