さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

健康の機能水 ”唾液” を出そう

2021.09.01

酸っぱいものを見たり想像するだけで、じわーっと溢れ出てくる唾液ですが、何かと汚いもの扱いされやすいです。
でも実は、唾液はIgA抗体などを含み、身体の免疫機能にも深く関係していて、健康維持に欠かせない大切な存在なのです。

健康な大人なら1日1リットル以上出るという唾液も、加齢やストレス、不規則な生活、
薬の副作用、喫煙などにより、分泌量が少なくなってしまうことがあります。
これが症状として現れると口腔乾燥症、ドライマウスとも呼ばれます。
唾液が少なくなると、お口の中の自浄作用が効かなくなり、虫歯や歯周病、口臭、口内炎など、
いろいろなトラブルが起こりがちになります。
また、唾液が少ないと、飲み込みにくくなり、嚥下障害にも関わります。

唾液腺で血液から作り出される唾液の分泌量を増やすには、まずは水分をしっかりと取ることが大切です。
それから、食事の際に噛めば噛むほど唾液腺が刺激されて、唾液が分泌されやすくなります。
噛む回数の増える食品を選んで食べたり、キシリトール入りのガムを噛むことも有効です。

逆に、虫歯で痛い歯があったり、歯周病で歯肉が腫れたり歯が揺らいだりで、
噛めない、噛みにくい状態があると唾液の量も少なくなりがちです。

しっかり噛み、唾液を分泌し、飲み込む。
この一連の流れのため、そして免疫機能の維持のためにも、お口の健康を維持したり、より噛めるように歯の治療をすることも大切です。

 

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診