さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

入れ歯という選択肢

2022.02.25

こんにちは!放射線技師の迫です。

今回は、入れ歯についてお伝えしたいと思います。

入れ歯には、歯がすべてなくなったときは、「総入れ歯」、部分的になくなったときは「部分入れ歯」の2種類があります。

総入れ歯で保険適用のものはレジン(プラスチックのようなもの)で制作されます。

歯がなくても食べ物を噛めるようになりますが、支えになっている歯が一本もなく、歯茎の上に入れ歯が乗っていることになります。

部分入れ歯の場合は、安定性を得るためにご自身の天然歯にひっかける金具がついています。

この金具の見た目が気になるという方はいらっしゃいます。

入れ歯は使っていくうちに緩くなることがあるので、定期的に歯科医院で見てもらうことをお勧めします。

入れ歯のメリットとしては、外科手術が不要なところ、また様々なお口の状態でも作成することができます。

気になるところは、使い始めの頃は特に不快な感じを受けることがあります。

保険適用のものは特に強度を上げるために入れ歯自体の厚みが必要になるので、その分、気になるところは出てくるかもしれません。

入れ歯を使っていくうちに、使用感や見た目が気になって保険適応外の入れ歯を作成される方もいらっしゃいます。

保険適用外のものは値段は上がりますが、見た目の面、機能性の面でより良いものになります。

様々な種類のものがあるので、気になった方は、遠慮なくご質問ください。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診