さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

入れ歯について

2022.02.07

みなさんこんにちは。
歯科医師の米丸です。
前回は予防歯科についてのお話をさせて頂きました。
今回は入れ歯について少しお話しをさせて頂きたいと思います。

歯が虫歯や歯周病で段々と無くなってしまう方って、歳をとるにつれて多くなるんです。
歯が数本無くなってしまっても、ご飯は食べられるからいいやと思ってる方がいらっしゃいますが、歯が数本無い状態のリスクはかなりあるんです。

歯が一本無くなると、そのない部分の両隣の歯がその空間に倒れ込んできます。
また、歯がない部分と上下で反対側の歯が、何もない空間に伸びてきます。
すると噛み合わせが段々変わってきて、歯に変な力がかかってきてその両隣、反対の歯の状態が悪くなり他の歯に比べてすぐダメになってきます。
そうすると、どんどん歯が無くなってきてしまいます。

このように噛み合わせの面、審美の面などでかなり良くない事がおこるのです。
なので、入れ歯を入れてあげてそのスペースを閉じる事が大事になってきます。

とは言え、入れ歯ってかなり作るのに抵抗を感じますよね。見た目わるいし、作っても痛かったりとか。
保険内で作れる入れ歯には制限があるのですが、保険外の入れ歯にはいくつか種類があり、金属が目立たない物とか、
シリコンをはって痛みが出づらい物もあるので、一度近くの歯医者さんで相談されてみてもいいかもしれません。
ですが、どちらにせよ痛みはどうしても出てくるので、定期的に調整をする必要があります。

また、歯が無くなった部分に対しては他の治療法もあり、ブリッジやインプラントが選択できる場合もありますので、気になりましたらいつでもご相談ください。

入れ歯についての簡単なお話でしたが、皆さまお分かりいただけましたでしょうか?
また気になるお話をさせて頂きますのでよろしくお願い致します。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診