さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

合わなくなった被せ物の境い目から虫歯になる?

2021.07.04

虫歯の治療をして、銀歯など被せ物を入れて長く経過すると、銀歯の境い目と歯ぐきの境い目が合わなくなってくる事があります。原因は歯周病や咬合の負担などがありますが、見えている部分はご自身の歯の根っこの部分になります。

歯の根っこの部分はエナメル質で覆われていないので、むし歯の影響を受けやすく、細菌が付着したままでいると、そこから虫歯になってきます。また、歯の根っこの部分のむし歯は治療が難しかったり、なかなか発見しづらかったりします。

また、歯の根っこの部分のむし歯が進行してしまうと、歯の土台の部分を失うことになり、歯の喪失に繋がります。お家に置き換えて考えてみても、土台の部分がなくなってしまうと家もなくなってしまうイメージです。

予防策として、被せ物の境い目と歯ぐきの境い目が合わなくなって隙間ができた時には、被せ物を外してぴったりした物に作り変える事が出来ます。

気になる方はスタッフにお気軽にご相談ください。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診