さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

唾液について

2021.09.23

食べ物を飲み込みにくくなった、口臭が気になるようになった、会話がしづらいなどの症状でお悩みの方はいませんか?

これらの症状は唾液が関係しているかもしれません。

今日は唾液の働きについてお話をします🙂

抗菌作用  (お口の中の細菌の増加を抑える)

保護作用  (お口の中の粘膜の保護・傷を修復する)

消化作用  (デンプンを分解して消化を助ける)

自浄作用  (口の中の細菌や汚れをを洗い流す)

再石灰化作用  (歯の表面から失われたカルシウムやリンを補って歯を修復する)

潤滑作用  (唾液の潤滑作用により話やすくなる)

唾液は通常、111.5出ていると言われています。

しかし、薬の副作用や、加齢により唾液量が少なくなることがあります。

唾液が減ることにより、唾液の抗菌作用や自浄作用が働かず、むし歯や歯周病になりやすくなります。

また、口臭やお口の中の粘膜の感染症・味覚障害・嚥下障害なども起こすこともあります。

さこだ歯科では、口の中の粘膜の水分量を専用の機械を使って測定を行っています。

気になる方は気軽にスタッフへお声掛けください☺️

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診