さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

唾液の役割

2021.09.08

こんにちは🌞

歯科衛生士の福田です🙋‍♀️

今回は、『唾液』についてです!

唾液は1日に1.01.5リットル分泌されます。

そう考えると多いですよね😲

そんな唾液ですがお口の中でとても重要な役割をいくつも果たしてくれています!

主な役割は13こあります!

今回は簡単にその役割13こを紹介していきます!!

①滑剤作用食物を飲み込みやすくする

②消化作用食べ物を消化する役割(唾液の中に含まれる、アミラーゼなどの消化酵素によるものです)

③溶媒作用食べ物を溶かして味を感じる作用

④イオン貯蔵(歯の保護作用):歯の再石灰化

唾液には、歯から溶け出したカルシウムイオンやリン酸イオンを再び歯に戻して結晶化して修復する働きがあります!これを再石灰化と言います。

脱灰の量が少ない初期の虫歯はこれによって治すことができます。

⑤緩衝作用中和を行う(産生された酸を希釈する)

⑥洗浄作用唾液の流れによって清潔にする

⑦抗菌作用

⑧排泄作用

⑨胃液分泌胃液の分泌を促す(胃の消化酵素)

⑩血液凝固止血する。

抗ガン作用ガンを予防する

ペリクル形成作用ペリクルエナメル質を酸蝕から保護する役割を果たす

水分バランス調整作用唾液減少、水分補給へ

 

唾液は口の中に当たり前にあるものであまり役割などは考えたことは無いと思いますがこんなにも大切な役割を果たしています!!

唾液が少なくなったと感じる方もいらっしゃるかと思います。

唾液腺マッサージなどもとてもおすすめです!

今回は、唾液の役割についてでした。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診