さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

妊娠中は歯周病になりやすい?

2021.08.26

こんにちは、歯科衛生士の平田です。

妊娠中の歯周病についてお話したいと思います。

妊娠中は様々な身体の変化がおきますが、お口の中も変化をおこします。

ホルモンバランスの変化によりエストロゲンというホルモンが増えると歯周病菌の増殖を促すと言われていて歯周病に感染しやすくなります。

妊婦さんが歯周病に感染すると低体重児、早産のリスクが高くなるので、日頃から歯周病菌を減らすためにメンテナンスが大事になります。

セルフケアではフロスを使用する、つわりがきつくて歯ブラシができない際はマウスウォッシュを使用してみる、

キシリトールガムを噛むなど、お口の中の歯周病菌を少しでも減らすように工夫してみましょう。

また歯科医院でプロフェッショナルケアをすることはとても大事です。

妊婦さんの受診おすすめ時期は安定期になる妊娠中期と言われています。

ご自分のお口の中を知るために検診され、メンテナンスを受けて歯周病を減らしていきましょう。

 

 

 

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診