さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

思い出のむし歯治療

2021.07.08

こんにちは。医療法人篤志会さこだ歯科 トリートメントコーディネーター丸目です。

今回は、私の「むし歯の思い出」をお話したいと思います。

今から15年以上も前の話なのですが、今でも強烈な記憶として残っています。

ある日突然、非常に強い歯の痛みに襲われました。泣いちゃうくらい。激痛でした。

何も手につかず、今まで一度も休んだことのない部活も休み、歯医者さんへ行きました。

先生によると、むし歯が大きくなっていて、歯の中の神経までにも及んでいると。。。

歯の神経を取る治療をしてもらうと、、、痛みは嘘のように無くなりました!

大きくなると、むし歯ってこんなにも痛いんですね〜( ; ; )

早く歯医者さんに診てもらっておけば良かった。何で痛くなくても行っておかなかったのだろうか。。。

そして、数年経つと、神経のない歯は、他の歯とは色が変わってきました。色が暗くなってきました。気になる〜

神経のある歯は、歯の根っこから神経を通して、栄養や水分を吸収することができます。

ですが、神経のない歯は栄養や水分を吸収することができません。そのため、神経のない歯は変色してしまったのです。

あー。あの時の自分に教えてあげたいです。痛くなくても、とにかく歯医者さんには行っておいた方がいいよ!と。

今では、さこだ歯科の先生の治療で、神経のない変色してしまった歯も綺麗になっています☆

さこだ歯科では、お痛みのある歯も、色が変わってしまった歯も、さまざまなお悩みにお応えできる治療を提供しています。

お困りのことがありましたら、何でもご相談くださいね。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診