さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

歯が大人になるまで

2022.06.06

皆さんこんにちは!

歯科技工士の吉満です。

今回は乳歯(子供の歯)と永久歯(大人の歯)の特徴についてお話しさせていただきます。

永久歯は親知らずまでいれて上下16本の32本あります。

比べて乳歯は上下10本の合わせて20本で、12本少ないです。

大きさは永久歯に比べて乳歯が一回り小さく、エナメル質と象牙質の暑さも約12ほどです。

色は永久歯が黄白色なのに対し、乳歯ら乳白色や青白色と白っぽいのが特徴です。

⚪︎乳歯が生え、永久歯に生え変わるまで

①無歯期:まだ乳歯が生えていない時期(出生から89ヶ月頃まで)

②乳歯萌出期:乳歯が生え始め、全て生え揃い乳歯列が完成するまでの時期(生後89ヶ月から26ヶ月頃まで)

③乳歯列期:乳歯列が完成してから、最初の永久歯が生え始めるまでの時期(26ヶ月から6歳頃まで)

④混合歯列期:乳歯と永久歯が生え変わる時期であり、混在する時期(6歳から10歳〜12歳頃まで)

⑤永久歯列期:乳歯が全て抜け落ちた時期(1012歳頃)

乳歯は、虫歯の進行進行も早いのが特徴です。

エナメル質・象牙質の厚さがうすいため、歯の神経まで到達しやすく歯髄炎にまで進行しやすいです。

また、生えてから23年の永久歯は「幼若永久歯」と呼ばれ、この時期も虫歯になりやすいので注意が必要です。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診