さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

歯の見た目が気になる方へ

2021.12.07

みなさんこんにちは。

歯科医師の米丸です。

前回はホワイトニングについてのお話をさせて頂きました。今回は審美治療について少しお話しをさせて頂きたいと思います。

 

審美治療とは、審美を改善する事を目的とした治療です。

一般の治療とは違い、保険がきかなく各医院さんが決めたお値段でのお支払いが必要になってきます。

例えば前歯の被せ物の治療をする際、保険だと金属の裏打ちに樹脂の材料を乗せた前装冠という物か、樹脂とセラミックスの混ざったCADCAM冠という物しかありません。

前装冠は数年すると腐食して再度虫歯になったり、歯茎に金属の色がついたりするリスクが高くなってきます。

CADCAM冠は審美治療で使う物に比べると耐久性に乏しく見た目も劣ってきます。

審美治療ではセラミックスを主に使い、耐久性、審美性どちらも保険の被せ物に比べとても優れています。

その被せ物の中にもグレードがあり、強度に特化した物や見た目に特化した物など様々です。

また、拡大鏡を使った治療も審美歯科に入ります。

小さな虫歯は削って詰め物をするのですが、この際肉眼だと虫歯の取り残しや詰めた所の段差などが生まれてきてしまいます。

そういった虫歯の再発リスクを減らすために、最大で40倍拡大できる歯科用の顕微鏡を使いながら詰め物をしていく治療があり、マイクロCRと言います。

緻密な作業になるので一本虫歯を詰めるのに12時間程お時間がかかりますが、見た目も非常に綺麗で虫歯の再発のリスクも抑えられます。

審美歯科にはこのように様々な物がありますが、保険と比べるとお値段がしてきます。

ですが、するメリットとして患者様の納得する治療を提供でき、虫歯などの再発リスクが保険に比べたら断然小さくなる点が挙げられます。

保険の治療ではあまり見た目は改善できないですし、5年くらいしたら金属も樹脂の材料も劣化してきます。

再度やり直しになってしまう事が多く、その際ご自身の残っている歯はどんどん小さくなっていきます。

そうなるのが憂鬱で心配な方は、審美治療をぜひオススメします。

 

審美治療についての簡単なお話でしたが、皆さまお分かりいただけましたでしょうか?

また気になるお話をさせて頂きますのでよろしくお願い致します。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診