さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

歯を失ったままだとどうなるの?

2022.02.23

こんにちは。歯科助手の岩坪です。

みなさんは、入れ歯にどういうイメージを持っていますか?

入れ歯は、虫歯や歯周病、外傷などにより歯を失ってしまった場合に、人工の歯を使って歯を補うひとつの手段です。

それは、歯の機能や見た目だけを補うものではありません。

他のところで噛めるから大丈夫、奥の方は見えないからそのままでいいと思う方もいるかもしれませんが、

そのままにしていると、他へ及ぼす影響がたくさんあります。その影響をいくつか紹介したいと思います。

 

・噛み合わせのバランス、歯並びが悪くなる

歯は、空いたスペースに移動するという性質を持っています。

失ったままスペースがあると、噛み合う歯が伸びてきたり隣の歯が倒れてきたりして、お口の中の全体のバランスが崩れてしまいます。

 

・他の歯への負担が大きくなる

歯は噛む際に、全体にかかる力を分散しています。

残った歯だけで噛んでいると、力が偏ってしまう為、健康な歯の寿命を縮めてしまう原因になります。

 

・骨が痩せてしまう

歯を失ったままにしていると、骨に過度な刺激が伝わらなくなってしまい、顎の骨が退化し痩せてしまいます。

 

・虫歯や歯周病になりやすくなる

倒れてきた歯の根元や歯と歯の間に隙間ができると、そこに汚れがたまりやすくなり、虫歯や歯周病になる原因になってしまいます。

 

入れ歯を入れることは、補うというだけではなく、

残っている歯を守ることに繋がるということを、みなさんに知っていただけたらと思います。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診