さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

歯周病ってどんなもの?

2021.08.17

「歯周病」皆さんもテレビなどでよく耳にすると思います。ですがその実態についてどれほど知っているでしょうか?

とりあえず歯磨きしておけば大丈夫、、と思っているそこのあなた!知らず知らずのうちに歯周病になってしまうかもしれないです。

歯周病の原因は歯と歯茎の間(歯肉溝とよばれます)の状態が良くない時にそこに細菌が入り込むことです。

それによって歯茎に炎症が生じて赤く腫れたり、さらには歯を支えている骨まで溶かしてしまう可能性があります。しかしこの歯周病、難しいのが痛みを引き起こすことが少ないことです。

ですから、歯周病が内部で進行していることに気づかないで、ただ歯茎が腫れてるだけ、、と思っていたら歯が少しぐらついてきたりして、ひどい時は抜歯をしなければならないケースもあります。

このような恐ろしい歯周病を引き起こしているのは歯垢(プラーク)と呼ばれるものです。

口の中にある大量の細菌が不十分なブラッシングや砂糖などを多く摂取した場合に歯にくっついたものを指します。

これはブラッシングのみで取り除くことが困難なので、歯磨きをしっかりしている人でも歯垢があるため歯周病が進行することがあります。

では、歯周病を予防するために何が大切なのでしょうか?

それは、

①正しい方法によるブラッシングの継続

②歯科医院における専門的なメインテナンス

です。

ブラッシングは適度な力で短いストロークで繰り返し磨いてあげることが大切です。

また歯科衛生士による定期的な指導を受け、今の口の中の状態を把握することも心がけてください。

そうすれば、皆様のお口のさらなる健康に繋がっていくと思います。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診