さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

歯周病って痛いの?

2021.08.06

今回は歯周病について少しお話させていただきます。

歯医者に検診に行った際に、「歯周病ですよ」と言われたことはありませんか?痛くもない、症状もないのに歯周病と言われ、「まさか自分が歯周病なわけがない」と思ったことはありませんか?

そもそも歯周病とはどのような病気なのでしょうか?

歯を支えている歯茎、顎の骨が炎症を起こしてしまっている状態のことを歯周病といいます。この歯周病の恐ろしいところは、重度になってから症状が出てくる点です。つまり、症状が出てから治療しようとしても手遅れのことが多いです。歯周病が進行すると多くの場合で歯がグラグラしてきて嚙めなくなったり、歯茎が腫れたりしてきます。ここまで進行してしまうと歯を抜かないといけない場合もあります。虫歯ではないのに歯を抜かないといけない。悲しいですよね。

ではそうならないように何ができるか?虫歯と同じように予防することが大切になってきます。毎日のお手入れはもちろん、定期的な歯医者でのクリーニング、レントゲン写真の撮影などを行い、重度に進行する前に治療ができるようにしましょう。

お口の中のことでお困りの方、困ってはいなくても心配な方はぜひ一度検診に行ってみてください。

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診