さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

歯周病について

2021.08.24

こんにちは、歯科衛生士の米山です。

みなさんは、歯を失う原因はなにかと聞かれたら何と答えますか🤔?

多くの方がむし歯と答えるかもしれません。ですが、実は歯を失う原因の1位は歯周病と言われています!

今回は、その『歯周病』についてお話をしようと思います!

○歯周病チェックシート○

□  歯茎がむずがゆいことがある

□  歯茎が赤く腫れている(もしくは赤黒い)

□  歯茎が下がってきた

□  歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなった

□  口臭が気になる

□  口の中がねばつく

□  歯磨きをした時に歯茎から出血があった

これらの症状が当てはまる場合は歯周病が進行している可能性があります。

歯周病は初期段階では自覚症状がなく、気付かないうちに進行しています。進行が進むと、歯を支えている骨が溶け、歯がぐらぐらと揺れるようになり、場合によっては歯が抜け落ちることもあります。

さらに、歯周病菌が出血を起こした歯茎から血液の中に入り込み全身を巡り、正常な組織に炎症を起こします。

○脳梗塞

○動脈硬化

○認知症

○誤嚥性肺炎

○糖尿病

など、歯周病は様々な全身の病気とも関わりがあるといわれています。

歯周病はプラーク(お口の中の細菌の塊)が唾液の作用により固まり石のようになった『歯石』が原因です。

歯周病予防には、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシを使って磨き残しがつきやすい部分をケアが重要になります。ただ、硬く固まった歯石は歯ブラシなどの自分での口腔ケアだけでは取りきれないため、歯医者での専門的なケアが必要となります。

気になる方は歯医者での検診・クリーニングをおすすめします。

しっかりケアをして歯周病を予防しましょう!

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診