さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

歯周病は全身疾患につながる!?

2021.08.03

歯を失う1番の原因は歯周病といわれてます。

歯周病は痛みがないので気づかないうちに進行してしまいます。

時々、歯周病が気になると主訴で来院された方で検査してみるとかなり歯も揺れていて抜歯が必要になる方もいらっしゃいます。

このように歯周病で口臭がしたり、歯が揺れて食事が取りづらかったりなど症状が現れだしてからだと歯を残すのが難しい事があります。

歯周病の原因は様々ありますが、1つに磨き残しがあります。

磨き残しは細菌が2~3億個が集まってできたものでその中に歯周病の細菌が含まれてます。

それらは酸素を嫌うので歯茎の奥に入っていきます。

歯の下には歯を支える骨があります。骨は身を守るために菌が入ってくると自分を溶かしてしまいます。

そうすると土台が支えきれなくなり、歯が揺れて取れてしまいます。

また、歯が取れるだけでなく全身に菌が回ると認知症や、糖尿病、高血圧の悪化につながります。

予防するには定期的に歯科医院で検診し、専門の機械を使って菌を減らすことで歯周病の進行をストップできます。

定期的にメンテナンスして歯を残して健康につなげましょう!

 

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診