さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

虫歯はどうやってなるの?

2021.07.03

こんにちは🌞!歯科衛生士の福田です

虫歯はどうやってなるか知っていますか?

歯の表面に付いている最近の塊、プラークというものが主な原因です。

他にも糖分(主に砂糖)や食べかす、歯の質、時間なども大きく関与します。

プラークの中の細菌が酸を出し、歯を解かします。細菌は糖を餌にして増えていくので甘いものが虫歯になりやすいというのはそういうことです。他にも歯磨きの頻度や唾液の量、歯並びなども大きく関与します。

歯の中にも、特に虫歯になりやすいところがあります。

•歯と歯の間、歯と歯茎の境目、歯の溝

→歯磨きがしづらく、プラークが溜まりやすいからです

•被せ物と歯の隙間

→被せ物と歯に隙間や段差できてしまうとそこにプラークが溜まり、最近が中に入って虫歯になりやすくなります。

•歯周病が進行した歯

→歯周病が進行してしまうと、歯茎が下がってしまいます。歯と歯の間の隙間が大きくなってしまい、磨き残しをしやすくなります。

また、虫歯になりやすい生活習慣というものもあります。

•ダラダラ食べをする、間食が多い

•歯磨きを食後にしない

•甘いものをよく食べる

思い当たる節はありませんでしたか?

思い当たる節がない方も、長く歯医者さんに行っていないと知らない間に虫歯ができている、虫歯が進行しているところがあることも多いです。

生活習慣を改めるのも大切ですが、しっかりと歯医者さんには定期検診に行くようにしましょう!

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診