さこだ歯科 鹿児島市、鹿児島中央駅の歯医者(医療法人篤志会)

Blogスタッフブログ

赤ちゃんのよだれ(唾液)について

2021.09.27

こんにちは😃

今回は赤ちゃんのよだれ(唾液)についてお話ししていきます!

赤ちゃんがよだれを出す理由として、一つは飲み込むという動作が未発達であること。

もう一つは、口を閉じておくという動作が難しいことがあげられます!

私は以前、実家で小さい頃の写真を見返していると5歳になっても口がポカーンと開いている写真がほとんどでした😂

そもそも唾液は食べ物の嚥下、消化を助けたり口腔内を清潔にするなどたくさんの役割を果たします。

なので、よだれが出るということはとても良いことなんです!

個人差はありますが歯が生え始める生後5〜6ヶ月頃からよだれの量が増え始め、同時に離乳食がスタートする頃でもあります。

なのでこの頃は特によだれで顔、口周りがかぶれたりしないようにコットンやガーゼを濡らしたもので優しく拭いてあげたり、

ワセリンを塗ったりとこまめに肌荒れの対策をしてあげましょう😊

ただ突然よだれの量が増えた場合は、手足口病などの痛みにより上手く飲み込めていないなども考えられるので注意してみていきましょう!

関連記事

スタッフブログ記事一覧

〒890-0053
鹿児島市中央町19−40 Li-Ka1920 6F

診療時間
9:00~18:00

まずは、お気軽に無料相談から。
お電話または下記お問い合わせからご連絡下さい。

099-285-2011
9:00〜18:00(最終受付 17:30)/ 日曜休診